プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2008年08月08日

北京オリンピック開幕・・・したけど

 今日から北京オリンピックが始まりました。

 史上最多の204の国と地域からの参加ということで、開会式を見るとすごく盛り上がっていました。

 ところが、国別の参加人数を見てみると、中国や欧米などの大国に偏っていて、アフリカや太平洋の島国などは、ほんの数人しか参加していない国が多いようです。

 ということは、盛り上がっているのは世界の中のせいぜい十数カ国ぐらいで、その他ほとんどの国では、「えっ、オリンピックって、今、やってるの?」程度にしか思っていないのが現実だと思います。

 4年前のアテネオリンピックの時には、私は中米のコスタリカという国に滞在していました。

 さすがに、オリンピックをやっていることは知っていましたが、テレビや新聞などではほとんど報道されていませんでしたし、従って、国民の関心もほとんどない、に等しかったですし、ましてや、日本人のメダル獲得ラッシュなんて、知る手段がありませんでした。

 北京オリンピックの報道を見ていると、いかにも全世界で盛り上がっているように見えますが、盛り上がっているように見せようとすればするほど、お金と政治の匂いがプンプンしてしまいます。でも、選手たちはそんなこととは関係なく、あくまでも自分のために、思いっきり力を発揮してほしいです。  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 13:50Comments(0)中米