プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年12月17日

BRICsファンド絶好調



 日本国内の投資家が保有する、BRICs関連の株式ファンドの11月末時点の純資産残高は、前月比2.5%増の3兆1737億円となりました。

 11月の資金純流入額は約1214億円となり、好調だった10月の1027億円を上回りました。

 特に最近は、オリンピックやワールドカップ関連という理由で、中国よりもブラジルに人気が集中しているようです。

 サンパウロのボベスパ指数も、リーマンショック前の水準はとっくに改善しており、70000ポイントの大台も目前に迫っています。

 ブラジル政府も「バブルだけは起こさない」という決意の表れか、金融取引税を導入しましたが、今のところ上昇の勢いに歯止めがかかりません。

 一本調子で上げているボベスパ指数と、それに群がる個人投資家のブラジルファンド買いについては、当Blogでは以前からずっと「危なっかしい」と指摘してまいりましたが、ところがどっこい、いまだに上げ続けています。

 でも、やはり少し気になるのは、世界の中でも特に「日本の個人投資家」が買っていることです。

 今までの歴史を見ると、やられているのは往々にして彼らです。

 買っている方はオリンピックまで持ち続けるのではなく、下がった時にすぐに対処できる心の準備だけは忘れないようにしてほしいものです。

■主な関連記事:

ブラジルが新たな課税

 【↓ やっとブラジルが注目されてきた!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 12:13Comments(0)BRICs

2009年12月04日

インドETF初上場



 先月11月26日、インドの株価指数に連動するETF(上場投資信託)が初めて東京証券取引所に上場しました。

 これで、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の4ヶ国のETFがすべてそろいました。間接的にではありますが、この4ヶ国の株式に投資することが可能になりました。

 このETFは、インドのナショナル証券取引所に上場する主な50銘柄で構成する株価指数「インドNIFTY指数」に連動するものです。

 初日の売買代金は3億4500万円と高水準でした。

 ちなみに、11月25日に大和証券投資信託委託が新規設定したブラジル株式投資信託は、当初設定額が930億円となり、かなり高い人気を集めたようです。ブラジルのボベスパ指数も好調のようで、相変わらずブラジル株人気はすごいですね。

 一方、日本株は今週に入って急上昇し、少しずつ活況を呈してきていますが、一時に比べるとまだまだ閑散としています。中国やブラジルなどの新興国株に資金が流れている傾向があるようです。

■主な関連記事:

ブラジル株が6万ポイント突破

 【↓ 日本株の快進撃が始まった!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 08:07Comments(0)BRICs

2009年06月19日

BRICsが初首脳会議



 BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の初めての公式首脳会議が、ロシアで開催されました。

 出席者は、ルラ大統領(ブラジル)、メドベージェフ大統領(ロシア)、シン首相(インド)、胡錦濤国家主席(中国)。

 アメリカ一極主義から多極化への世界秩序の転換を促し、欧米に対抗する存在感をアピールしました。

 日本ではそれほど大きく報じられていませんが、この4ヶ国が会議を開いたことは、世界的には大きな意味があると思います。


●アメリカ大陸の新型インフルエンザ感染者 ( )は前回比

 【北米】
  ・米国 17855 (0)
  ・カナダ 4049 (1071)
 【中米】
  ・メキシコ 6241 (0)
  ・キューバ 7 (1)
  ・グアテマラ 128 (9)
  ・エルサルバドル 125 (30)
  ・ホンジュラス 100 (11)
  ・ニカラグア 118 (62)
  ・コスタリカ 149 (45)
  ・パナマ 272 (0)
 【南米】
  ・コロンビア 53 (11)
  ・ブラジル 79 (25)
  ・アルゼンチン 733 (390)
  ・ペルー 112 (21)
  ・エクアドル 86 (6)
  ・チリ 2335 (641)
  ・パラグアイ 25 (0)
  ・ボリビア 11 (4)
  ・ウルグアイ 36 (0)
  ・ベネズエラ 45 (20)
 【日本】 666 (61)

 ※初冬のアルゼンチンで急増


■主な関連記事:

バナナの生産でもBRICs

 【↓ 今やBRICsを無視して経済は語れない!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 13:14Comments(0)BRICs

2009年05月13日

ブラジル株式が回復基調



 BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)をはじめとする新興国の株価が回復しています。

 リーマンショック直後の昨年10月末に比べて、中国の上海総合指数は51%、ブラジルのボベスパ指数は37%、インドのSENSEXは22%、ロシアのRTSは21%、それぞれ上昇しています。

 ブラジルについては、昨年は一時20000ポイント台まで落ち込んでいたのが、ここ数日は50000ポイント台をキープしています。

 昨年末の金融危機以降、それまで新興国に流れていた資金が、アメリカに戻っていました。そのため、米ドル高、新興国通貨安になっていました。

 しかしここにきて、資源価格の値が戻ってきたこともあって、新興国にマネーが再び流れ込み、新興国通貨が高くなり、株価も回復基調にあります。

 今後は、資源国という理由だけで投資するのではなく、その中でもどの企業、どのセクションに投資するかの選別が一層問われることになるでしょう。

 日本でも、新興国向け投資ファンドの販売が激しくなると思われます。メキシコファンドなんて狙い目だと思うんだけど・・・。でも、なぜかあまり聞きませんよね。

■主な関連記事:

ブラジル株式市場、上昇中

 【↓ ブラジル株、再びチャンス到来か・・・?!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 12:14Comments(0)BRICs

2009年01月05日

今年はピンチかチャンスか

ranking

 あけましておめでとうございます。

 昨年はまさに波乱の年でした。原油をはじめ天然資源の価格は、概ね7月頃を境に逆V字を描きましたし、世界の株式市場は大幅安となりました。

 世界の主要株式市場の2008年の時価総額は、震源地であるアメリカが36%の下落に留まったのに対し、日本は42%も下落し、過去最大の下落に見舞われました。

 また、BRICsについては、ロシア72%、中国・上海65%、インド52%も下落したのに対し、ブラジルは日本とほぼ同じ42%に留まりました。

 「谷深ければ山高し」と言われるように、これだけ下げたら、基本的には上がると思います。でも、そう簡単ではないでしょう。

 ひとつは、時間軸です。上がってくるのが今年なのか、来年なのか、10年後なのかを考える必要があります。

 次に、その国のファンダメンタルズです。その国独自のリスクです。どんな資源を持っているのか、政治は安定しているか、人材は優秀か・・・。

 アメリカがおかしくなってきた今、どの国にもチャンスが出てきたと言えます。アメリカに頼り切っていない国の方が、そのチャンスは大きいと思います。そういう意味で、南米は魅力的かもしれません。

 今年も、ラテンアメリカのネタを配信していきますので、どうぞよろしくお願いします。

■主な関連記事:

新興国投信の大暴落はピンチかチャンスか

 【↓ 実は今年は100年に1度のチャンスかも!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 13:19Comments(0)BRICs

2008年12月09日

世界中で自動車販売失速中

ranking
※おかげさまで現在ランキング第一位です

 欧米市場だけではなく、BRICsなどの新興国でも自動車販売は減少しているようです。特に、今年の10月以降の落ち込みは激しい。

 ブラジルでも、今年の前半までが絶好調だっただけに、その反動が来ています。

 チリやアルゼンチンでも10月に入って、自動車販売のペースがかなり落ちました。

 ブラジルでの自動車販売は、ほとんどがローン販売です。昨今の金融不況によって、信用収縮が起こり、庶民は簡単にローンを組めなくなってきました。その影響で、自動車をはじめとする消費が冷えはじめています。

 ただ、これらの指標はすべて「前年同月比」で見ています。すなわち、前年が好調すぎれば、今年はそれほど悪くなくても、悪いように見えます。

 前年同月比という経済指標を多用し過ぎると、実体以上に悪く見え、判断を誤ってしまうのでは・・・と懸念しているのは私だけでしょうか。

■主な関連記事:

パンク発見。修理費を聞いてビックリ!

 【↓ マスコミの景気判断を鵜呑みにするのは危険!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 18:16Comments(0)BRICs

2008年11月25日

新興国投信の大暴落はピンチかチャンスか

ranking

 新興国の投資信託の下げがきつい、という記事が日本経済新聞に出てました。

 リーマンブラザーズの破綻以後、約2ヶ月で、6割以上も基準価格が下落した投信もありました。

 一方、その間に値上がりした商品は、たったの7本だったそうです。もっとも、これらは株式ではなく債券に投資する商品で、その上、為替ヘッジをかけているので、株安・円高の影響が抑えられたのでしょう。

 こういう時期は、リスクとリターンを最小限に抑える商品に投資するのが最もよかったということですよね。儲けようと思わずに、「嵐が過ぎ去るのをじっと待つ」戦略です。

 そういう意味では、円の現金を持っておくのが最良の手だったと言えるので、私たち日本人は、実は知らない間に利益を得ていました。あまり実感はわかないでしょうけど・・・。

 現に、外国のモノが安く買えたり、外国旅行が安く行けたりします。

 話を新興国市場に戻すと、昨日のブラジル・サンパウロのボベスパ指数は9.4%も急騰し、アルゼンチン・ブエノスアイレスのメルバル指数は8.8%、メキシコのボルサ指数も7.0%上昇しました。

 世界の株価や為替の底値が見えてきたかな・・・?

 これからは、上がっているから投資するのではなく、その国のファンダメンタルズをちゃんと分析し、リスクも把握した上で投資判断ができる、という環境ができつつあるような気がします。

 新興国の真価がほんとうに問われる時が来ました。

■主な関連記事:

まるでジェットコースター
ブラジル投信を中止

 【↓ 下げてる時こそチャンス!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 12:11Comments(2)BRICs

2008年11月22日

バナナの生産でもBRICs

ranking

 バナナダイエットブームで、日本でも消費が急増したバナナですが、輸入の約91%はフィリピンからです。

 一方、フィリピンから見ると、バナナの総輸出量の約30%は日本向けです。

 また、南米の赤道直下の国、エクアドルのバナナも有名ですが、これは主に、欧米に輸出されることが多いそうです。

 生食用バナナの生産量の世界トップ3は、

 第一位:インド
 第二位:ブラジル
 第三位:中国
 第四位:フィリピン
 第五位:エクアドル

 ということで、BRICs(ブラジル・ロシア・インド・中国)のうち、3カ国が表彰台を独占しています。

 でも、これらの国は人口が多いので、自国で消費されるバナナが多く、輸出までまわるものが少ないので、日本ではあまり見かけませんよね。

 先ほど、スーパーマーケットに行って、たまたまバナナ売り場の前を通りました。フィリピン産バナナがほとんどで、1種類だけエクアドル産がありました。そこには、「エクアドルの日系人が作りました」と書いてありましたが、それを見て日本の主婦は安心するのでしょうね。

 それにしても、日本はバナナが高いですねぇ。中南米では、1ドルも出せば食べきれないくらいのバナナが買えますし、おまけにとてもおいしいです。それを知ってしまった私は、日本でバナナを買うには、とても勇気が入ります。なかなか手が出ません。

■主な関連記事:

ブラジルの日本人移住地を訪問

 【↓ 日本はもっと食糧自給率を上げるべき!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 16:39Comments(2)BRICs

2008年09月02日

ラテン人はエンタがお好き

ranking

 日本では今や常識になっているモバイル端末。携帯電話を使ってネットに接続するのは、もはや普通の光景になりました。総務省によると、携帯電話等からインターネットに接続する人の割合は、80%以上を占めているそうです。

 ところが、実はこの光景、日本特有のものなんです。米ニールセン・カンパニーによると、アメリカ15.6%、イギリス12.9%、イタリア11.9%など、最近伸びてきているとはいえ、日本に比べると全く普及していないのが現状です。

 逆に言うと、日本が普及しすぎてるんですよね。この分野は、日本は本当に強い。

 で、ここからが本題です。その中にあって、BRICsに注目すると、欧米各国に今や肩を並べつつあります。

 ロシア11.2%、中国6.8%、ブラジル2.6%、インド1.8%

 ロシアは、フランスやドイツよりも上で、アメリカやイギリスに迫る勢いです。

 今や、世界の情報格差はほとんどなくなってきた、と言えます。すなわち、世界中で、同じ時間に、同じ情報を、共有することが可能になってきています。

         ******************************

 では、モバイルでインターネットに接続して、何を見ているのでしょう?

 欧米とBRICsでは、大きく異なるようです。

 欧米では、電子メール、天気、ニュース、検索など、いわゆる「情報源」として活用しており、一方、BRICsでは、エンターテイメント、音楽、ゲームなど、「楽しむため」に使っています。

 その理由として考えられるのは、欧米では家庭や会社でパソコンが普及しているため、エンターテイメントはパソコンで楽しむことができるが、BRICsではまだまだ普及が遅れているので、携帯端末がその代替手段となっているからでしょう。

 私の見る限り、ブラジルやメキシコなどラテンアメリカの人々は、欧米や日本以上に、楽しむことにたいしてとても貪欲です。これもブラジルでエンタメ系の利用が多い理由の一つだと思います。

 最近、ブラジルでは、ノベラといわれる人気テレビドラマも、携帯電話でダウンロードができるようになったそうです。

 エンタメ系コンテンツは、日本の大得意分野ですよね。このノウハウを引っさげて、エンタが大好きなラテンアメリカへ進出するのは意外と狙い目だと、私は強く思います。

■主な関連記事:

ラテンアメリカに旋風を巻き起こしているダンスミュージック

 【↓ 日本のモバイルネット普及率ってすごい!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:52Comments(0)BRICs

2008年08月11日

ビール生産量でBRICsが世界第1位

 2007年の世界ビール生産量が発表されました。世界の生産量は23年連続で増加しつづけており、特に2004年以降は急速に成長しています。人種を問わず、人間ってホントにビールが好きなんですね。

 国別生産量は下記の通りです。カッコ内は前年順位です。

------------------------------

   順位  国名/対前年増加率/国別構成比
   1(1)  中国 / 13.8% / 21.9%
   2(2)  アメリカ / 0.6% / 13.0%
   3(4)  ロシア / 16.1% / 6.5%
   4(3)  ドイツ / -0.2% / 5.9%
   5(5)  ブラジル / 7.0% / 5.8%
   6(6)  メキシコ / 3.6% / 4.5%
   7(7)  日本 / -0.4% / 3.5%
   8(8)  イギリス / -6.0% / 2.8%
   9(10) ポーランド / 9.2% / 2.0%
   10(9) スペイン / 2.2% / 1.9%
          ・
          ・
          ・
   14(14)ベネズエラ / 9.4% / 1.5%
   18(18)コロンビア / 3.3% / 1.1%
   25(25)アルゼンチン / 3.6% / 0.8%
          ・
          ・
   33(32)インド / 7.0% / 0.5%

------------------------------

 まずは中国。2002年にアメリカを抜いて以来、6年連続のトップ。しかも、3年連続2ケタ台の増加。いかに中国が経済発展してきたかを証明しています。

 注目すべきはロシアです。今回、ドイツを抜いて第3位に踊り出て、その伸び率も+16.1%と中国以上です。その要因は、ロシア経済が順調であることはもちろん、健康志向によりアルコール度数の強いウォッカより、低アルコールのビールにシフトしたと思われます。

 私が一番注目したいのは、もちろん中南米諸国です。ブラジルは5位。伸び率も+7.0%と絶好調です。ブラジルでは、ビールは安くておいしくて、気軽に飲むことができます。国内のビール企業もたくさんあり、どこも業績は好調のようです。ブラジル人はホントにビール好きな国民です。

 そして6位はメキシコ。日本では、コロナビールが有名ですが、現地ではコロナ以外にも多種多様なビールがあります。日本よりも人口が少ないのに、順位は日本より上ということは、いかにビールが好きな国民であるかがわかりますよね。伸び率も+4.5%とまずまずなので、経済も好調なのでしょう。

 中南米の中でそれに続くのが、ベネズエラ、コロンビア、アルゼンチンです。中南米諸国の中では、比較的、どこも経済的に豊かな国といえます。

         ******************************

 地域別シェアを見ると、ヨーロッパ32.8%、アジア30.6%、中南米15.8%、北米14.3%となっています。中南米は、ヨーロッパやアジアの約半分のシェアなんですね。まあ、人口比で見ると妥当なところでしょう。

 ヨーロッパは世界のビールの3分の1弱を生産しており、相変わらず世界シェアは1位をキープしてますよね・・・と言いたいのですが、今年は大異変が起こりました。

 な、な、なんと、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)のシェアが34.7%もあり、ヨーロッパを抜いてしまったのです!!!

 前年増加比も、ヨーロッパは+4.0%ですが、BRICsは+12.9%と圧勝でした。これを見ても、BRICs経済がいかに好調であったかがうかがわれます。

         ******************************

 それにしても、中国とロシアの増加率は異常だと思います。個人的には、この先、これ以上の伸び率は期待できないと思っています。若干、経済の飽和状態になってきたのかもしれません。それに引き換え、ブラジルはまだまだ伸びていくような気がします。

 すこし気になるのがインドですね。あれだけ人口が多いのに、世界の0.5%のビールしか生産していないのですね。まだまだ経済が成熟していないということでしょうか。逆に言うと、経済が成熟してきて、インドの人がビールを飲みだすと、ものすごいことになる可能性はあるのでしょうね。

 近い将来、世界のベスト3が中国、ロシア、ブラジルになる日も近いのでは・・・

■主な関連記事:

ブラジルでは常識の「ビール保冷器」  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 16:31Comments(0)BRICs