プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年07月01日

もし日本が勝っていたらこんな悲劇が起こっていたかも





 南米、相変わらず強いです。

 ベスト8になんと4ヶ国も残っています。消えたのはブラジルに負けたチリだけなので、実質的には南米はどこにも負けていません。

 ベスト8は南米同士の対戦がないので、全試合楽しめるし、応援するチームがはっきりしています。

 日本vsパラグアイのように、すっきり応援できない対戦は、本当に困りました。

 明日から、再び、4年に1度のスポーツの祭典を楽しみます。

 ところで、日本に勝ったパラグアイですが、現地では尋常ではない騒ぎだったそうです。

 パラグアイの首都アスンシオンでは、試合後の午後には、ダウンタウンに10万人が集まりお祭り騒ぎとなりました。

 上の写真はその様子です。クリック拡大して見て下さい。すごいでしょ。パラグアイ在住の友人が送ってくれました。

 PK戦の末、史上初のベスト8に進出したのですから、無理もありません。

 ルゴ大統領も、勝利のすぐ後に、この日を「祝日扱いにする」と発表しました。なかなか粋な計らいをします。

 ところで、もし仮に日本が勝っていたら、シャレでも何でもなく、パラグアイにいる日本人・日系人たちは身の危険にさらされていたかもしれません。

 日本食レストランなど、日系人が経営しているお店は、日本が勝った場合には、おそらくその日は臨時休業していたでしょう。

 4年前のワールドカップで、ブラジルと日本が対戦した時には、実は私はブラジルのサンパウロにいたのですが、日本が勝った時のことを考えて、当日は外出を控えましたし、もし日本が勝っていたら、その夜は家で身を潜めてジッとしていたでしょう。

 たかがスポーツですが、南米では必死なんですね。

 外国にもたくさんの日本人が住んでおり、彼らは日本を誇りとして必死で生きています。こういう事実を想像することが、真の国際的感覚だと思います。



■主な関連記事:

パラグアイと日本、どっちを応援していいのか

 【↓ 日本代表を褒め称えすぎる世論にちょっと違和感を感じる!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 17:32Comments(1)パラグアイ

2010年06月29日

日本がパラグアイと対戦することに感動している日本人がいる





 今夜は、日本vsパラグアイ戦です。

 どちらが勝っても初のベスト8進出です。

 パラグアイはどんな国か知らない人が多いと思いますが、相手を知って試合を観戦すると、10倍楽しくなります。

 このブログの中にパラグアイ情報がたくさんあるのですが、皆さんが自分で検索するのは面倒だと思うので、一昨日から私はツイッターで、パラグアイ情報をつぶやいています。

 nagaishishuichiをフォローしましょう

 このボタンをクリックし、その中のつぶやきから関心のあるところを気ままにクリックして、パラグアイのことを少しでも知った後、試合を観戦していただくと、パラグアイ戦が一層楽しめます。

 私も自分の記事を改めて見直してみて、パラグアイについて再発見しました。

 「パラグアイって意外と日本とのつながりが深いんだなぁ」と、きっと思うことでしょう。

 日本人はパラグアイのことをほとんど知らないが、パラグアイ人は意外と日本のことを知っています。

 「パラグアイが日本と対戦することに心から感動している日本人・日系人が、パラグアイにはたくさんいる」ということは、ぜひ知っておいてください。

         ******************************

 ところで、パラグアイは、南米予選突破の原動力となったエースストライカーのサルバドル・カバニャスが、今年1月、メキシコのバーで、銃で頭部を撃たれるという衝撃的な事件が起きました。

 奇跡的に一命を取りとめたものの、銃弾は頭に残ったままの状態で、カバーニャスは予選における一番の立役者だったにもかかわらず、本大会に出場できなくなってしまいました。

 パラグアイが好調なのは、この事件をきっかけに結束力が高まったからかもしれません。

 今夜の試合、本当に楽しみです。

 VIVA PARAGUAY!! VIVA JAPON!!



■主な関連記事:

パラグアイ戦と日本戦のレベル差

 【↓ パラグアイってそうだったんだ!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 13:30Comments(0)パラグアイ

2010年06月26日

パラグアイと日本、どっちを応援していいのか



 ワールドカップサッカーの一次リーグが終わりました。

 ここまで負けなしの南米勢でしたが、昨日、チリがスペインに1-2で敗退し、南米勢が初めて負けました。

 これにより、一次リーグの南米5ヶ国の成績は10勝1敗4分となり、すべて決勝トーナメントに進出しました。

 南米、絶好調です。

 日本もメキシコも勝ち進みましたし、個人的にはここまで満足な結果です。

 いよいよ今日から決勝トーナメントが始まります。

 アルゼンチンvsメキシコ、ブラジルvsチリ、パラグアイvs日本など、楽しみな試合がたくさんありますが、どっちを応援していいのかわからないので、試合が始まってから、無意識の判断にまかせます。

 特にパラグアイ対日本。これは本当に迷います。

         ******************************

 パラグアイには約1年間滞在し、現地にもたくさん友人がいます。決勝トーナメント進出にあたって、彼らからの喜びの連絡もたくさんいただきました。

 パラグアイで自動車を購入し、パラグアイのナンバープレートをつけた車で南米中を走破しました。

 パラグアイにはたくさんに日本人・日系人が住んでいるのですが、彼らには本当にお世話になりました。

 パラグアイは本当にすばらしい国です。いい人がたくさん住んでいます。私にとっては大好きな国の一つです。

 パラグアイが日本で有名になるのはうれしいのですが、日本で報じられている情報は、表面的な、かつ偏った情報が多いです。マスコミも急に取材ができないので仕方がないのかもしれません。

 下記に、私がパラグアイに滞在中に書いた厳選記事を、いくつか紹介しておきます。本当のパラグアイを感じてください。そして、日本対パラグアイを観戦して下さい。

「南米のヘソ」パラグアイ

現地に貢献している日本人移民

祝!ラパス移住地入植50周年

パラグアイで盆踊り大会

えっ!パラグアイに日本のお城が?!

パラグアイの通貨はなぜ強いのか?

 まだまだパラグアイに関する記事はたくさんありますので、興味のある方は「ブログ内検索」を使って、パラグアイをぜひ研究してみてください。

 正直なところ、できたらこの両国には戦ってほしくなかったです。でも、これも運命です。歴史に残るすばらしい試合にしてほしいと思っています。

 VIVA PARAGUAY!! VIVA JAPON!!



■主な関連記事:

パラグアイ戦と日本戦のレベル差

 【↓ パラグアイ在住の日系人の気持ちがわかる!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:43Comments(0)パラグアイ

2010年06月15日

パラグアイ戦と日本戦のレベル差



 日本、勝ちましたねっ!!後半30分過ぎからドキドキしっぱなしでしたけど、何とか逃げ切りました。

 日本のことは、いろんな人がいろんなところで書いているでしょうから、私はパラグアイについて書きます。

 昨日のパラグアイの対戦相手は、前回大会優勝のイタリアでした。

 結果は、1-1の引き分けです。

 前半39分にパラグアイが先制しましたが、後半18分にイタリアに追い着かれました。パラグアイの守りは堅いです。イタリアに1点は入れられたものの、イタリアに対してここまでやるとは・・・。

 今回のパラグアイは、思ったより強そう。次のスロバキアも楽しみです。

 この試合は、日本戦の後に行われたのですが、正直、レベルがまったく違っていました。特にスピードとパスの正確性。同じW杯の試合なのに、ここまで違うのか、という感じです。

 ブラジルやアルゼンチンのメディアでも、「試合内容はひどいものだ」と報じられているようです。

 しかも、「日本が勝ったのはW杯最大の驚き」と、日本の強さというより、「カメルーンはなんで日本なんかに負けたのか」という論調のようです。

 確かに、試合内容を見れば、そう言われても仕方がないかもしれません。

 日本が勝ったのはうれしいですし、みんな喜べばいいのですが、本気で決勝トーナメントに行きたいのであれば、日本国内にもっと厳しい論調があってもいいと思います。

 ブラジルのマスコミなんて、負けたら当然ですが、勝っても批判しまくります。へたをすれば優勝してもケチを付けかねません。

 日本では、勝てばみんなが喜び、負ければみんなが意気消沈する。勝っているのに批判などすれば、白い目で見られるのがオチでしょう。

 まあ、それが日本の文化なのでしょうね。

 あっ、そうだ。今夜は深夜3時半からブラジルvs北朝鮮。これまた楽しみです。



■主な関連記事:

アルゼンチンの優勝はないらしい

 【↓ 勝って兜の緒を締めよ!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:43Comments(1)パラグアイ

2010年06月02日

コスタリカに続いて南米パラグアイも



 昨日のBlogのコスタリカに続いて、南米パラグアイも地デジ日本方式を採用すると発表しました。

 これで中南米ばかり8ヶ国目です。

 南米の主要10ヶ国のうち、7ヶ国が日本方式。コロンビアとウルグアイの2ヶ国が欧州方式。まだ決めかねているボリビアに対しては、日本側が採用を働きかけています。

 険しい山脈が多いボリビアにとって、山間部に強い日本方式は大きなメリットがあり、さらに、すべての周辺国と最も親密なベネズエラが日本方式を採用しているので、ボリビアはおそらく採用すると思います。

 そうなると、地デジ日本方式は、南米大陸の80%以上を制覇することになります。久しぶりにうれしいニュースです。

 アジアやアフリカはこれから本格的に検討に入ります。この勢いで、世界に日本の技術を売り込みましょう。



■主な関連記事:

コスタリカも地デジ日本方式を採用

 【↓ 外交は正攻法だけでは通用しない!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:50Comments(0)パラグアイ

2008年12月03日

アメリカ大陸で半分以上の大麻を生産

ranking
※おかげさまで現在ランキング第一位です

 マリファナの原料となる大麻の2006年の生産量、第1位はメキシコで7400トン、次いでパラグアイの5900トンだそうです。

 地域別では、北米地域(米国・メキシコなど)で31%、南米地域で24%と、アメリカ大陸で世界の半分以上の大麻が生産されています。

 パラグアイは日本よりもほんの少し大きい面積しかない国なのに、米国(4700トン)よりも大麻を生産しているのですね。

 大麻栽培は、一般農作物に比べて500%増の収入が得られるという説もあり、不況時には生産量が増える傾向にあります。パラグアイ当局も、国民の経済状況の悪化が原因だろう、というコメントを出しています。

 その影響で、隣国のブラジルやアルゼンチンでは、大麻の入手が容易になり、消費量が増加しているらしいです。

 そういえば、パラグアイのナンバープレートをつけた車で、チリの国境を越えようとした時、チリ警察にいやというほど、調べられたことを思い出しました。

 でも、一方では、世界各地で規制を厳しくした結果、世界の大麻生産量は年々減少しています。

 最近、日本でも力士や大学生の大麻問題が注目されているので、日本の当局も取り締まりを強化しています。その影響で、ラテン人や、ラテンアメリカから帰ってくる日本人などに対するチェックも厳しくなるのでしょうね。

■主な関連記事:

国境越えにウンザリ

 【↓ 規制が厳しすぎて窮屈すぎる!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:27Comments(1)パラグアイ

2008年09月26日

パトカーに止められたおばちゃん

ranking

 大阪の町を自動車で走っていたら、サイレンを急に鳴らし始めたパトカーが突然交差点に入ってきて、1台の車を止めるのを見ました。

 どうやら、信号無視した車を検挙したようです。

 私が見た限り、その交差点は閑静な住宅街にあり、交通量も比較的少なく、止められた車も赤信号になってから横断したのかもしれませんが、歩行者もいなかったし、それほど不自然な流れではなかったように見えました。

 運転席から出てきたのは、人の良さそうなおばちゃんでした。それを見ても、これは悪質な交通違反ではありませんでした。

 明らかに、警察官は死角になっている場所にパトカーを止めて、信号無視で交差点を通過した車を狙い撃ちしていたようです。

 これと同じ光景をどこかで見たことがある・・・と思ったら、思い出しました。南米の真ん中にあるパラグアイという国です。

 パラグアイはもっとひどく、壊れている信号機のところで待ち伏せして「赤信号で通過した」と言い張ったり、時にはまったく落ち度がないにもかかわらず、ワイロ欲しさに停車させたりします。

 しかし、パラグアイと日本では動機がまったく異なります。パラグアイはワイロがほしくて止めることが多いのですが、日本はまじめに交通違反を取り締まろうとします。まあ、日本の方が数倍マシですが・・・。

 日本に話を戻しますが、それにしても、ここまでやる必要があるのでしょうか?

 警察は、このような些細な違反を取り締まることによって、それほど治安がよくなるとも思えないし、他にも重要な任務があるでしょう。しかも、善人ほど警察不信になってしまいます。今後は、警察に協力しようという気も失せてきます。

 おそらくこのおばちゃんは腹立たしさが残るだけでしょう。

 あまりにもまじめで杓子定規に仕事をするのは、マイナス面の方が大きい場合もあります。現代の日本における、堅苦しくて窮屈で、閉塞感が漂う世の中は、こういうところから生まれてきているような気がしてなりません。

■主な関連記事:

アスンシオンの交通マナーはめちゃくちゃ

 【↓ この何とも言えない閉塞感を何とかしたい!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 18:26Comments(0)パラグアイ

2008年09月03日

パラグアイが台湾から中国寄りに

ranking

 南米の中心に位置するパラグアイは、南米で唯一、台湾と外交関係を持っている国です。

 パラグアイを車で走ると、台湾からの援助によって建てられた施設をいたるところで見かけます。そこには、台湾の旗や中国語のような漢字が書かれているので、すぐに目につきます。

 パラグアイに対しては、日本も多額の援助を行っているのですが、日本は良くも悪くも、「草の根」と言って、控えめにしかアピールしないので、どれが日本の援助によるものか、よくわからなかったことが多かったです。

 ところが、台湾はこれでもかというくらいアピールしていたので、パラグアイの人にとってはそれが大変わかりやすかったようで、私はそのことにとても歯がゆく感じたものでした。

 一方で、パラグアイ国内には台湾からの移住者がたくさん住んでいました。彼らは、中華レストランを経営したり、医者や弁護士などの仕事についている人もたくさんいます。台湾国内が、中国との関係で不安定だけに、パラグアイのような外交関係のある国に計画的に移住している人も多いようです。

         ******************************

 これだけの良好な関係を保ってきた台湾に対して、パラグアイの新大統領ルゴ氏は、今後、台湾の国連加盟を支持しない方針を明らかにした、と報じられました。

 先月8月14日に、パラグアイを訪問した台湾の馬英九総統が、ルゴ大統領と会談した時には、当面の良好な外交関係維持で合意したばかりでした。

 なぜ、このようなことになったのでしょうか?

 パラグアイは、国内の産業に乏しい国なので、日本や台湾などの援助に頼っているのが現状です。台湾と外交関係を保っているのも、台湾からの援助が目的の一つであることは間違いないでしょう。

 ここからは推測の域を越えませんが、もしかしたらパラグアイは、台湾からの援助の増額要求の駆け引きのために、そのような方針を打ち出したのでは・・・と考えられます。

 もう一つ考えられるのは、経済的に絶好調な中国との関係強化です。これまでは、好調だった台湾との関係を良好に保っておれば、援助によって何とか生き延びられていましたが、これからは、中国とも仲良くしたいという意図が働いたのかもしれません。

 パラグアイは、南米の中でも貧乏な国の一つです。それだけが理由ではないでしょうが、外交に対してはとてもしたたかです。いかに援助を引き出すかを考えて、うまく交渉します。その点は、本当に立派だなあ、と思います。

 日本も、外国に対してお金を出すだけではなく、その国で効率よく使われているのか、日本の国益に叶っているのか、をきちんと考えて、援助してほしいもんです。

■主な関連記事:

パラグアイの三大特産物

 【↓ 日本の外交はもっと毅然とあれ!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 18:48Comments(0)パラグアイ

2008年08月17日

パラグアイで61年ぶりの政権交代

 南米の内陸国パラグアイで、8月15日、戦後61年間にわたって政権を担ってきた右派コロラド党に代わり、中道左派を中心とした「変革のための愛国同盟」を率いるフェルナンド・ルーゴ元司教(56歳)が新大統領に就任しました。

 これは本当に画期的なことです。

 パラグアイでは、1954年から89年までの約35年間、ストロエスネル将軍による軍事独裁政治が続き、その後も引き続きコロラド党による政権が維持されていました。

 ところが、今年4月20日に行われた大統領選挙で、野党ルーゴ氏は40.82%を得票。与党コロラド党の女性候補、ブランカ・オベラル前教育・文化相(50歳)は30.72%で及びませんでした。

 私がパラグアイに滞在していた時に感じたのが、政治の汚職のひどさや、貧富の差の激しさによって、治安がたいへん悪かったことです。

 長らくパラグアイに住んでいる日系人は、「むしろ独裁政権時代の方が暮らしやすかった」とよく言っていました。

 今回の政権交代は、与党コロラド党政治に対する失望感によるものだというのが、大方の意見です。「右派与党の執権を終わらせ、必ず政権交代をしなければならない」という絶体絶命の危機感で団結した野党連合がみごと勝利したということでしょう。なんだか、日本の近い将来を示唆しているような・・・

 現地パラグアイの情報によると、新大統領の評判は上々のようです。支持率が90%を超えているという話しもあるくらいです。しかし、治安・汚職・経済格差などなど、多くの諸問題をかかえています。

 南米の中では貧困国の一つと数えられているパラグアイですが、世界第4位の豆類輸出国でもあり、ステビアやマテ茶など世界に誇れる独特の農産物もあります。昨年の経済成長率は6.4%を記録しました。また、誇り高き原住民・グアラニー族が国民の多数を占めており、これから国が発展するもしないも、政治の影響は決して小さくないでしょう。

 パラグアイの経済は、今後の政治の成否に大きく左右されるのは間違いなさそうです。

■主な関連記事:

パラグアイが日本からの巨額融資をなぜ断ったのか?

 【↓ サッカーワールドカップ南米予選で現在第1位のパラグアイをもっと知りたい!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:48Comments(0)パラグアイ