プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年03月17日

世界長者番付、首位はメキシコ人





 経済誌「Forbes」発表の世界長者番付によると、首位はメキシコのカルロス・スリム・ヘル氏でした。総資産額(推定)535億ドル(約5兆円)。

 彼は、中南米最大の携帯電話会社America Movil社などを所有しているメキシコの大富豪です。

 首位の常連だったマイクロソフトのビル・ゲイツ氏は530億ドルの僅差で2位に落ち、著名投資家のウォーレン・バフェット氏は470億ドルで3位になりました。

 ブラジル人では、エイク・バティスタ氏は270億ドル(2.5兆円)で第8位に入りました。

 ちなみに、エイク・バティスタ氏の父、エリエゼル・バチスタ氏とは、私はブラジルで会ったことがあり、このBlogでも紹介しました。
   ↓    ↓
 ブラジル財界の大物2人に会う

 父も大富豪ですが、息子はそれ以上の大富豪だったんですね。

 日本人の首位は、ユニクロのファーストリテイリングの柳井正氏が76億ドル(7100億円)で世界の89位です。

■主な関連記事:

超豪華別荘を見学

 【↓ 世界の富豪はケタが違う!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:44Comments(4)メキシコ

2010年02月02日

メキシコ大統領がBRIMC宣言



 来日中のメキシコのカルデロン大統領が、「BRIMC(ブリンク)」という概念を提唱しました。

 これまでは、ブラジル、ロシア、インド、中国の新興4ヶ国のことをBRICs(ブリックス)と読んでいましたが、「メキシコのM」が足りないと主張したようです。

 なかなかうまいこと言いました。どこにMを入れようか、いろいろ考えたんでしょうね。

 メキシコは、新型インフルエンザの影響もあって、2009年はマイナス7%程度まで成長率が落ち込みましたが、「今年は少なくともプラス4%になる」と、なかなか強気のようです。

 確かに、ゴールドマンサックスの予測によると、2050年にはメキシコは、中国、米国、インド、ブラジルに次ぐ世界第5位の経済大国になっています。

 ちなみに6位以下は、ロシア、インドネシア、日本、イギリス、ドイツです。

 今年、日本は中国に抜かれて2位から3位に落ちますが、2050年には8位まで下がると予測されているようです。

 メキシコに話を戻します。しかし、メキシコ国内には依然として、政治汚職、麻薬、治安などの問題が山積しています。

 ラテン系はアピールがうまいので、ある程度割り引いて考える必要がありますが、メキシコがBRICs諸国に食い込むことができるかどうか、注目しましょう。

■主な関連記事:

メキシコでは麻薬所持は合法

 【↓ メキシコの成長はアメリカ次第!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 10:22Comments(0)メキシコ

2009年08月24日

メキシコでは麻薬所持は合法



 メキシコでは、ヘロイン、マリファナ、コカインなどの麻薬の少量所持を合法化しました。

 具体的には、マリファナは5g未満、コカインは500mg未満、ヘロインは50mg未満の所持は刑事罰の対象にはなりません。

 なぜこのような法律が議会を通過したのでしょう?

 実は、メキシコでは近年、薬物関連の暴力が激しさを増しており、麻薬密売組織やギャング団の取り締まりを強化しています。

 そのため、少量しか保持していない個人より、大規模な麻薬カルテルに対して、エネルギーを注ぐ方が得策と判断し、このような法律が成立したようです。

 しかし、合法的に麻薬を体験する目的で、メキシコを訪れる外国人が増えると懸念されています。

 今年度は、リーマンショック&新型インフルエンザショックの二重ショックによって、メキシコ経済が大きく落ち込んでいますが、外国人による「ドラッグ観光旅行」によって、メキシコの観光収入が増加し、メキシコ経済が復活するかもしれませんね。

 メキシコ政府は、もしかしたらそれを狙って、麻薬を合法化したのかな・・・。

■主な関連記事:

コロンビアの薬局は「ドロゲリア」

 【↓ 日本の芸能人によるメキシコ旅行が増えるかも!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:18Comments(0)メキシコ

2009年06月02日

メキシコに感染者の銅像



 メキシコの東部にあるベラクルス州に住むエドガー・ヘルナンデス君は、新型インフルエンザの感染者第一号と言われています。

 今は完治して元気になったのですが、このたび同州の知事が、彼の銅像の建立計画を発表したそうです。

 その目的は、新型インフルエンザ発症の地として観光客を呼び込むことです。

 日本でこんなことをやると世論やマスコミから袋たたきにあいそうですが、そこはさすがラテン!!!

 メキシコの観光客のキャンセルが相次いだ損失を、この銅像で一気に挽回できるか!!!


●アメリカ大陸の新型インフルエンザ感染者 ( )は前回比
 ・米国 8975 (1048)
 ・カナダ 1336 (218)
 ・メキシコ 5029 (119)
 ・キューバ 4 (0)
 ・グアテマラ 12 (7)
 ・エルサルバドル 27 (16)
 ・ホンジュラス 2 (1)
 ・コスタリカ 37 (4)
 ・パナマ 107 (31)
 ・コロンビア 20 (3)
 ・ブラジル 18 (8)
 ・アルゼンチン 100 (63)
 ・ペルー 36 (5)
 ・エクアドル 39 (7)
 ・チリ 250 (85)
 ・日本 370 (6)

 ※チリとアルゼンチンが急増。


■主な関連記事:

メキシコを有名にした新型インフルエンザ

 【↓ ラテンのしたたかさを見習うべき!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:37Comments(0)メキシコ

2009年05月15日

メキシコ成長率予測はマイナス3.5%



 メキシコの2009年の成長見通しはマイナス3.5%、とアメリカの民間機関が予測しました。

 メキシコは、ラテンアメリカの中でも米国に大きく依存した経済体質であるため、金融危機の影響をもろに受けているところに、今回の新型インフルエンザが追い打ちをかけたため、このような予測となったようです。

 まあ、アメリカの予測そのものの信憑性が疑われるところなので、信用しすぎるのは危険だと思いますが・・・。

 それより、今やメキシコよりアメリカの方が、新型インフルエンザの感染者が多いので、私はアメリカの経済の方が心配です。

●新型インフルエンザ感染者 ()は前日比
 ・米国 3352 (+343)
 ・カナダ 389 (+31)
 ・メキシコ 2656 (+210)
 ・キューバ 1 (0)
 ・グアテマラ 3 (0)
 ・エルサルバドル 4 (0)
 ・コスタリカ 12 (2)
 ・パナマ 39 (+10)
 ・コロンビア 6 (0)
 ・ブラジル 8 (0)
 ・アルゼンチン 1 (0)
 ※パナマの増え方が大きいので気になります・・・

■主な関連記事:

メキシコを有名にした新型インフルエンザ

 【↓ アメリカは外国の心配をしてる場合ではない!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 09:52Comments(0)メキシコ

2009年05月12日

メキシコペソが意外と堅調



 4月24日(金)にメキシコで新型インフルエンザの感染が明らかになるまで、堅調に推移していたメキシコ通貨のペソが、その日をきっかけに下落しました。

 というのも、これは単なるインフルエンザではなく、メキシコの経済を停滞させる大きな要因と見られていたからです。

 「このまま行くとどこまで下落するのか?」

 「メキシコペソの通貨危機まで発展するのか?」

と予想する筋もありましたが、実はここにきて上昇基調を見せており、ついに感染が見つかる以前の水準を回復してしまいました。

 依然として、感染拡大の警戒は残っていますが、それにも増して、資源国であるメキシコに対する期待や、世界経済全体が回復基調にあることの方が勝っているのでしょう。

 これを見ると、市場は

 「メキシコにおける新型インフルエンザの影響は限定的」

と判断しているようです。

 現に、メキシコでは感染者の増加率がそれほど大きくなく、感染者数でも今やアメリカに抜かれてしまいました。

 そろそろ、「メキシコは危険」という先入観を排除してもいい時期に来ているかもしれません。

■主な関連記事:

メキシコを有名にした新型インフルエンザ

 【↓ メキシコの将来は明るい・・・?!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:17Comments(0)メキシコ

2009年05月08日

メキシコを有名にした新型インフルエンザ



 あれよあれよという間に、ドリームゲートのBlogの引越しが終わっていました。確か、4月30日付けだったと思います。名前も「社長ブログ」になったとか・・・。

 デフォルトのテンプレートが抹茶色だったので、ラテンらしくご覧のような赤色にしました。ということで、気分一新でよろしくお願いします。

 引越後、一発目のBlogは、「ラテンって何やねん?!」としては、やっぱりこれを書かないわけにはいきません。

 「メキシコ発の新型インフルエンザ」の話題です。

 それにしても、メキシコを一気に有名にしましたね。今回の一件で。

 最新の情報では、26カ国、2488人が感染。最も多いのがメキシコの1204人。約半数を占めています。次いでアメリカの896人、カナダの201人。

 中南米にも拡大しています。

 中米では、コスタリカ8名、エルサルバドル2名、グアテマラ1名。

 南米では、ブラジル4名、アルゼンチン1名、コロンビア1名。

 いずれも、メキシコやアメリカを訪れた人らしいです。

 そしてついに、アメリカのシカゴで、6歳の日本人男児の邦人初感染が明らかになりました。

 経済活動にも影響が出ているようで、メキシコやアメリカの出張を禁止する企業が出てきたり、ツアー旅行をキャンセルする人も増えてきているようです。

■主な関連記事:

ポサダに行ってきました

 【↓ メキシコツアーに行くのは今がチャンスかも・・・!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 18:30Comments(0)メキシコ

2009年01月06日

ポサダに行ってきました

56292.jpgranking

 Posada(ポサダ、またはポサーダ)って知ってますか。私は知りませんでした。

 メキシコでは、クリスマスの9日前から毎晩どこかの家で、パーティが行われます。このパーティのことをPosadaと言います。日本でも12月になると、連日忘年会という方もいらっしゃると思いますが、このPosadaはさしずめ日本の忘年会のようなもんでしょうか。

 昨年12月23日、ご主人がメキシコ人、奥さんが日本人のご自宅で開かれたPosadaに招かれたので、行ってきました。

 メキシコ料理を食べたり、Posadaの歌を歌ったりして、楽しく過ごしました。貴重な経験をしました。

 Yo fui a la POSADA. La POSADA es una fiesta tradicional en Mexico durante los dias previos a la Navidad.

 Yo comi la comida mexicana. Que rico!!!

 Miguel, Martha, Rolando, muchas gracias!!!

■主な関連記事:

メキシコ人と忘年会

 【↓ 国が変われば文化も変わる!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 10:56Comments(0)メキシコ

2008年12月16日

三井物産、メキシコでインフラ事業

ranking
※おかげさまで現在ランキング第一位です

 それにしても、三井物産はラテンアメリカに力を入れてますねぇ。

 メキシコ第二の都市、グアダラハラ市の下水処理サービスに関わる総括的な事業を受注しました。このサービスは、グアダラハラを州都とするハリスコ州水道局から受託します。

 この地域は、未処理下水による環境汚染が深刻化していましたが、その整備事業を日本の三井物産が請け負うことになりました。

 三井物産は、総合商社の中でも特に、ブラジルやメキシコなどラテンアメリカでよく名前を聞きます。

 もしこの事業がうまくいけば、三井物産のおかげで、メキシコでの日本全体の評判がよくなり、今後の日墨関係がさらに良好になることを期待します。

■主な関連記事:

バイオエタノール、日本もいよいよ本腰

 【↓ インフラ先進国の日本はラテンアメリカでチャンスあり!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 07:59Comments(0)メキシコ

2008年12月04日

メキシコ人と忘年会

ranking
※おかげさまで現在ランキング第一位です

 昨日は、メキシコからの研修生(ホルヘ&マルタ)を囲んで、私が幹事で、忘年会を開催しました。お店はメキシコ料理にしました。

 彼らはJICA(国際協力機構)の研修生として来日しており、約1年間、日本の大学で国際知的財産権について学んでいます。

 忘年会は、アメリカ人も参加していたこともあって、日本語・英語・スペイン語が飛び交っていました。

 全員がそこそこわかるのは、悲しいかな、やっぱり英語なんですね。ホルヘもマルタも、日本に研修に来るくらいの人なので、教養はかなり高いと思います。従って、英語での会話は不自由がないようでした。

 ラテンアメリカ諸国では、一般にはまったく英語が通じませんが、教養の高い人、特に外国でビジネスをしている人は、たいてい英語ができます。

 逆に、日本では、一般の人でもそこそこ英語が通じますが、外国ビジネスをしている経営者でも、英語があまりできない人もいるような気がします。

 それにしても、いつから英語が国際共通語的な役割を担うようになったのでしょうね。ちょっと悔しくて悲しい気もしますが、それが現実なのかもしれません。

■主な関連記事:

メキシコからの研修生

 【↓ 中身が伴ってはじめて語学が生きる!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:54Comments(0)メキシコ