プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年07月05日

ウルグアイはなぜ勝てたのか



 「決勝戦はブラジル対アルゼンチン」という予想は、みごとにはずれました。

 それにしても、南米の勢いが急にしぼみました。ブラジルもアルゼンチンもパラグアイも、ベスト8で負けました。

 勢いがある時は調子に乗るんですが、一旦ダメになるとガタガタッと崩れるところが、いかにも南米らしいです。。

 唯一勝ち残っているウルグアイに期待しましょう。

 ところで、ウルグアイと言えば、ベスト8のガーナ戦で、FWスアレス選手のゴッドハンド(神の手)が出ましたね。

 延長戦終了間際に相手のシュートを手でブロックして退場処分を受け、ガーナ選手がPKをはずしたため、その後のPK戦でウルグアイが勝利しました。

 そして、スアレス選手のプレーについては、ウルグアイのマスコミは、勝利を呼び込んだとして「ビバ(万歳)」などと報じ祝福しています。

 まさに「勝つためのレッドカード」でした。

 これを見て、皆さん、どう思われましたか?

 「ルールを無視したスアレス選手はけしからん!」と思った方もいるでしょう。

 私は「さすが、南米は勝ち方を知っている」と思いました。

 スアレス選手は、「どうしても勝ちたい。絶対ゴールさせない」という強い意志のせいで、おそらく無意識に手が出たんでしょう。

 かつてはマラドーナ、今大会でもブラジルの選手が手を使ってゴールした、という疑惑がありました。

 南米の選手は、勝ちにつなげるルールの使い方をよく知っています。

 もしこれが日本の選手だったら、とっさに手が出たかどうか・・・?

 手を出した選手に対する日本のマスコミの反応はどうだったか・・・?

 ここで言いたいのは、手を出すのがいいとか悪いとかではありません。

 しかし結果は、スアレス選手が手を出したおかげでウルグアイが勝ち、ガーナは敗戦により次の試合がなくなったので、レッドカード以上の罰が与えられたようなものだ、という事実です。

 スポーツだけでなく、ビジネスでも投資でも、世界を相手に勝つための心構えがここに含まれているような気がしています。



■主な関連記事:

ずばり予想します-希望を込めて決勝戦はこの2ヶ国

 【↓ ルールは人間が作ったモノ。変わることもある!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:26Comments(0)ウルグアイ

2009年11月19日

最後の一枠はウルグアイ





 2010年サッカーワールドカップの北中米・南米プレーオフの第2戦は、ウルグアイとコスタリカが1-1で引き分け、初戦で勝ったウルグアイが出場を決めました。

 無得点で迎えた70分、ホームのウルグアイが先制点を奪いましたが、そのわずか4分後、アウェーのコスタリカが同点に追いつきました。

 アウェーゴール数の差により、あと1点取ると出場が決まるコスタリカは、ここから怒濤の攻撃を見せましたが、7分間という長いロスタイムにもかかわらず、無情にも試合終了を迎えました。

 これでウルグアイは最後の1枠を獲得し、出場全32ヶ国が決まりました。

 【南米 5ヶ国】
  ブラジル:19大会連続19度目、優勝5回・準優勝2回
  チリ:3大会ぶり8度目
  アルゼンチン:10大会連続15度目、優勝2回・準優勝2回
  パラグアイ:4大会連続8度目
  ウルグアイ:2大会ぶり11度目、優勝2回

 【北中米カリブ海 3ヶ国】
  アメリカ:6大会連続9度目
  メキシコ:5大会連続14度目
  ホンジュラス:7大会ぶり2度目

 本大会は、来年6月11日~7月11日まで南アフリカ共和国で開催されます。

■主な関連記事:

ウルグアイがアウェーで先勝

 【↓ ウルグアイとパラグアイの違いがよくわからない!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 18:28Comments(0)ウルグアイ

2009年11月17日

ウルグアイがアウェーで先勝



 2010年サッカーワールドカップの北中米・南米プレーオフの第1戦が、11月14日、コスタリカで行われました。

 北中米4位のコスタリカと南米5位のウルグアイが、ホームアンドアウェー方式で勝った方が出場権を獲得できます。

 初戦の結果は、1-0でウルグアイがまずは先勝しました。

 コスタリカは前半に失点した上に、後半早々、退場者を出してしまい、終始不利な戦いを強いられました。

 ウルグアイは不利なアウェーで勝ったことによって、ホームでの試合を有利に進めることができるので、ワールドカップ出場が大きく近づいたと言えるでしょう。

 第2戦は、11月18日(明日)にウルグアイの首都モンテビデオで行われます。本大会出場10回、本大会優勝2回の古豪ウルグアイは、引き分け以上で出場が決まります。

■主な関連記事:

アルゼンチン出場決定

 【↓ 中南米でアウェーが勝つのは大変なこと!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 10:35Comments(0)ウルグアイ

2008年09月01日

ブラジル・ウルグアイの音楽を堪能

54254.jpg

 8月30日(土)、奈良県生駒市のはばたきホールで開催された「ボサノバ生誕50周年記念 はばたきコンサート」に行ってきました。

 出演者は以下の5名。

 ●盲目のブラジル人シンガーソングライター「グラストン・ガリッツァ(Gladston Galliza)」
 ●世界の第一線で活躍する異色パーカッショニスト「ヤヒロ トモヒロ」
 ●ウルグアイの鬼才「ウーゴ(Hugo)」「オスヴァルド(Osvaldo)」「フランシスコ(Francisco)」の3人から構成される「トリオ・ファトルーソ(Trio Fattoruso)」。

 もう、すっごくよかったです。感動です。

 3日ほど前に友人から教えてもらって、たまたま時間も空いていたので、チケットを取ろうと電話をしたら、「あと30枚」と言われ、ラッキーにも席を確保できました。

 彼らは今、全国ツアーの真っ最中らしく、どの会場も満席だそうです。当日会場に行ってみると、この会場でも450席は全部埋まっていました。

 しかも、他の会場ではもっと高いのに、ここでは、なんと一人1,500円。わざわざブラジルやウルグアイから来てくれたのに、なんだか申し訳ない価格です。

 ところが、安かろう悪かろうではなく、めちゃめちゃ素晴らしいコンサートでした。私は最前列の真ん中というサイコーの席で約2時間もの間、ラテンアメリカの心地よいリズムを感じ続けました。

 もちろん、彼らの音楽やリズムもよかったのですが、このコンサートで一番よかったと感じたのは、彼らの「人柄」です。5人の暖かい性格が音楽ににじみ出て、ほのぼのとした気持ちになりました。ラテンアメリカのいいところが全部出ていたようなライブでした。

 コンサートの最後に、会場で買ったCDにサインをしてもらった上に、記念撮影までしてもらいました。

 ブラジルやアルゼンチンでは、小さな会場のコンサートによく行きました。出演者とお客さんが一体となって、しかも、気軽に握手やサインをしてもらいました。彼らは本当に敷居が低いんですね。有名な人でも偉そぶらない。そんな傾向があります。

 今回のコンサートもその時のことを思い出し、暖かい気持ちで帰宅しました。こういう気持ちが、今の日本には足らないのでは・・・

写真は右から、グラストン、ヤヒロトモヒロ、ウーゴ、私、オスヴァルド

■主な関連記事:

リオ見学&久々のハファエル

 【↓ ラテンアメリカとの文化交流を通じて日本にも心の豊かさを!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:59Comments(0)ウルグアイ