プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年07月07日

続々と日本方式を採用



 南米ボリビアも、地デジ日本方式の採用を決定しました。

 これで、ブラジル、ペルー、アルゼンチン、チリ、ベネズエラ、エクアドル、パラグアイ(以上南米)、コスタリカ、フィリピンに続いて10ヶ国目です。

 南米では、コロンビアとウルグアイをのぞく8ヶ国で日本方式を採用することになり、南米大陸の80%以上を制覇することになりました。

 2006年にブラジルが最初に日本方式を採用した時には、ここまで広まるとは予想できませんでした。

 日本政府の交渉力もたいしたもんです。

 しかし問題はここからです。せっかく莫大な予算を使って日本方式を広めたのだから、日本の国益になるように、したたかに交渉することが重要です。

 決して、日本の技術を相手に取られる上に、欧米や韓国・中国などの外国企業のみに利益をもたらすことのないようにしてほしいものです。



■主な関連記事:

コスタリカに続いて南米パラグアイも

 【↓ アジアやアフリカにも期待!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:44Comments(0)ボリビア

2009年02月02日

チェゲバラと沸騰都市

ranking

 「チェ 39歳別れの手紙」という映画を見に行きました。「チェ 28歳の革命」に続く第2弾です。

 キューバ革命に成功したゲバラが、ボリビアに乗り込み再び革命を起こそうとしたが、最後は政府軍に殺されるというストーリーです。

 上映中の映画なので、詳細は差し控えますが、個人的にはボリビアの景色がたくさん出てきて、懐かしかったです。

 昨日の夜9時放映の、NHKスペシャル「沸騰都市サンパウロ 富豪は空を飛ぶ」を見ました。

 さすがNHK。丁寧に取材してます。ブラジルの今の雰囲気を味わうにはいい番組でした。

 見逃した方は、2月3日の深夜24時45分から再放送があるそうです。ぜひどうぞ。

■主な関連記事:

チェ・ゲバラの映画

 【↓ ブラジルの元気良さを見習うべき!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:59Comments(0)ボリビア

2008年12月17日

ボリビアで中古車の輸入規制強化

ranking
※おかげさまで現在ランキング第一位です

 南米のボリビアには、外国の中古車がたくさん走っています。特に日本の中古車が多く、車体に日本語が書かれた車をよく見かけました。

 「車体に書いてある日本語をなぜ消さないのか?」と現地ボリビア人に聞くと、「日本の車に乗っていることを見せびらかせることがうれしい」と答えていました。ボリビアでは日本車がステータスになっていることを知って、とてもうれしく思ったものです。

 ところが、ボリビア政府は中古車の輸入規制を強化する政令を施行しました。これにより、中古ディーゼル車の輸入が製造年によって規制されることになり、これまでのように比較的自由に輸入することが難しくなりそうです。

 実は、外国車は、チリ北部のフリーゾーン港のイキケという町から一旦チリに輸入され、陸路でボリビアに運ばれます。

 そのため、今回の輸入規制はチリ国内の経済に大きな影響を及ぼすと予想されます。

 日本車は右ハンドルですが、これをイキケで左ハンドルに付け替える作業をします。これをやっている工員の職も減ることでしょう。

 世界的に自動車販売が急減しているところに、今回の輸入規制。世界の自動車業界からしばらく目が離せません。

■主な関連記事:

大人気の日本の中古車

 【↓ 日本車は世界で生き残れる!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:42Comments(0)ボリビア