プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年01月12日

各駅停車の飛行機

3053.jpg 年末年始のブラジルの旅は、豪華に飛行機で移動しました。「日常バージョン」ならそんな旅はしないのですが、年末年始は日本から友人もやってくるので、限られた時間の中で、効率よくブラジルのおいしいところを堪能したかったからです。今回、飛行機に乗った回数は、3回。合計移動距離は、4000km弱。ブラジルは本当に広いです。

 アマゾンジャングルの真ん中にある大都市・マナウスから、約2000km離れたアマゾン川河口付近の町・サンルイスまで移動した時のことです。空港で案内板を見ても、「サンルイス」行きという飛行機はありません。私たちの便名の行き先には、「フォルタレーザ行き」と書いてあるだけです。その時点ではなぜだかわかりませんでしたが、とりあえずそれに乗りました。心配になった私は、搭乗時に客室乗務員に、「サンルイスには行くか?」と尋ねると、彼女はニッコリ笑って「はい」と答えました。

 飛行機は離陸し、約1時間半後、着陸しました。「2000kmも離れているのに、どうしてこんなに早く着くんだろう?」。ところが・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:58Comments(0)商品