プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年01月31日

旅は「人」

3958.jpg 一昨日、1月29日の朝、とうとうリオ・デ・ジャネイロに入りました。来週はいよいよ、子供の頃からの夢だった「リオのカーニバル」を見に行きます。

 先週の1週間は、リオ・デ・ジャネイロから北に約600kmにある、ブラジルのエスピリト・サント州の州都・ヴィトリアに滞在していました。この町は、「ツバロン製鉄」という世界有数の製鉄所があり、鉄やコーヒーの輸出港としても栄え、きれいなビーチもたくさんあります。しかし、旅の見どころはそれほど多くないという印象です。その証拠に、日本の旅行ガイドブックにはほとんど載っていません。普通の旅行者は、パスしてしまうことが多いようです。

 ではなぜ、この町に1週間もいたのか? それは・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:17Comments(1)ひと