プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年03月30日

外国での書店の役割

6323.jpg 日系人がたくさん住むブラジルのサン・パウロ市で、日本の書籍を扱う書店は、意外にもたった4店しかないらしい。その中の一つ、日系人の店が立ち並ぶリベルダージにほど近い、「高野書店」にぶらっと立ち寄りました。

 店主の高野泰久(たいきゅう)さんは現在62歳。20歳の時にブラジルにやって来ました。書店を経営し始めたのは約30年前ですが、その経緯については口を閉ざしています。しかし現在では、この「高野書店」は、サンパウロ、いやブラジルの日系人の間では、最も有名な書店の一つです。そして、そうなるまでに高野さんは様々な努力をされてきたようです。

 「書店の経営は、単に本を売るのではない。外国にある書店は特にそうだ。」と彼は考えているようです。すなわち・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:55Comments(1)店・工場・会社

2005年03月29日

地球の反対側の日本

6303.jpg 現在、私はブラジルのサン・パウロにいます。この半月の間に、ヴィトリア⇒リオ・デ・ジャネイロ⇒サン・パウロと、約1000kmを移動しました。そして、ようやくインターネットが接続できる環境になりましたので、久しぶりに投稿しています。しかし、来週には次の町に移動する予定なので、この後のインターネット環境はどうなるかはわかりませんが・・・。インターネットの常時接続ができないのが、つらいところです。

 サン・パウロと言えば、世界一、日系人が多く住んでいる町です。他の町だと、日系人同士は顔見知りであることが多いのですが、ここでは日系人が多すぎるため、道ですれ違っても、お互いに全く知らないことがほとんどです。

 サン・パウロのほぼ中心に位置するリベルダージ地区。その中の東洋人街と言われる地区は、まるで日本のようです。たとえば・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:48Comments(1)国、町、村

2005年03月12日

ブラジル生まれの日本食

5657.jpg 日本からのブラジルへの移民制度が始まったのが、1908年。あと3年で100周年です。2008年には、移民100周年を記念して、ブラジルのあちこちでいろんな催し物が開催されたり、記念の建造物などが建築される予定だそうです。

 最初に移民としてブラジルに来られた方にとって、恋しかったものは、何と言っても日本食だと思います。日本とブラジルは、気候や土壌などが違うので、採れる野菜や果物なども異なります。しょう油や味噌もありません。日本の食べ物を食べたくても食べることができなかったでしょう。

 そこで、ブラジルで調達できるものだけで、なんとか日本食を再現するように、いろいろ工夫をされたと聞いています。

 先日、ある日系1世の方の家を訪問させていただきました。ブラジル食と日本食をたくさんいただいたのですが、そこで、見たことのない食べ物が出てきたのです。  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:12Comments(1)商品

2005年03月11日

ブラジルで日系人が勝ち得たもの(2)

5625.jpg 昨日に引き続き、ブラジル日系人の園尾さんのお話です。

 「私たち日系人は、何もできなかったかもしれないけど、唯一誇れるものがある。それは、『ブラジルにおいて、日本人に対する信頼を勝ち得たこと』だ。」

 という言葉に続けて、このように言いました。

 「ブラジルに移民としてやって来た日本人が、これまで100年近くかかってやっと勝ち得た当国での信用・信頼などを、本国の日本人が十分認識し、これからの日伯関係において、それらをフルに活用して欲しい」

 私はこれを聞いて、「なんと寛大な方なんだろう」と思いました。

 この言葉は、以下の3つに分けることができます。  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:41Comments(1)ひと

2005年03月10日

ブラジルで日系人が勝ち得たもの(1)

5584.jpg リオ・デ・ジャネイロに滞在中、ある方の1歳になる娘さんの誕生パーティーで、園尾さんご夫妻に出会いました。

 ご主人は日系1世で、19歳でブラジルに渡り、いろいろな職業を経て、現在は日本語の学校を経営し、自らも日本語を教えています。奥さまは日系2世で、どちらかと言うとポルトガル語の方が得意です。

 お二人とも明るく素直な方で、その日はとても話しがはずみ、楽しい時間を過ごさせていただきました。

 翌日、園尾さんからメールが届きました。「もう一度会って、夕食でも食べながら、いろいろお話がしたい」ということが書いてありました。「日本について、また日本人についてお話ししたい」とのことです。私はもちろん、喜んでお会いすることにしました。

 そして当日。移住者としてブラジルに渡られた人の口からしか聞くことのできない、貴重なお話をたくさん聞くことができました。

 その中で最も印象に残った言葉は・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:53Comments(0)ひと

2005年03月09日

路上物売りの差別化

5540.jpg 中南米は、路上やバスの中での物売りがとても多いです。2004年11月28日の当Blog「中南米の物売りは何でもアリ」に書いたように、「何を売るか」ではなく、「どう売るか」ということに、かなり工夫を凝らしていました。すなわち、売る場所とか、売る方法とか、売るタイミングが命であって、売っているものはどこの店でも買えるものばかりです。

 ところが、友人の車でリオ・デ・ジャネイロの街をドライブしていた時のことです。私たちが乗っている車に、お菓子の袋を持った物売りが近づいてきました。

 「リオ・デ・ジャネイロでも物売りは多いんだなあ」

 と思ったその時、友人の言った一言にびっくりしました。  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:20Comments(0)国、町、村