プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年04月13日

ブラジルで成功した日系人社長(1)

6993.jpg サンパウロのリベルダージ地区。言わずと知れた「日本人街」として有名な場所です。地下鉄のリベルダージ駅を降りて、日本人街のメイン通り、「ガルバオン・ブエノ通り」を歩くと、すぐ左手に「池崎商会」という大きな看板がかかっているビルがあります。リベルダージを訪れたことのない人でも、テレビや雑誌などでこの看板を見たことがある人は多いでしょう(写真)。

 池崎商会は、主に化粧品関係の商品を売っている会社です。しかしそれだけには留まらず、自ら工場を持ち、ドライヤーや美容院用の椅子などの製造・販売などなど、美容に関することを幅広くやっています。現在は7つの会社のグループ企業となっています。

 そして、リベルダージにあるこのビルではいろんな商品を売っているのですが、いつも超満員です。さらに、池崎商会のすごいところは、日系人のお客さんより、ブラジル人のお客さんで超満員になっているところです。ブラジル人に受け入れられている証拠です。

 サンパウロで広く知られている「IKESAKI」ブランド。それだけではなく、「TAIFF」や「Pro Art」などの新しいブランドも、サンパウロ、いや、ブラジルに浸透しつつあります。

 ちなみに、「TAIFF」というのはドライヤーやヘアーアイロンのブランド名で、その由来は「台風」から来ています。台風のように強い風を起こすドライヤーで、業界に強い旋風を巻き起こすという意味です。

 今回は、この池崎商会の社長である池崎博文さんをご紹介いたします。  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:54Comments(0)ひと