プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年04月16日

サンパウロはカラオケバブル

7092.jpg ブラジルのサンパウロの日系人の間では、「カラオケ」が大ブームです。ブームに火がついたのがかなり前なのですが、衰えるどころかますます盛り上がっているようです。

 カラオケ大会も、毎週末のようにどこかで開催されています。それも、1ヵ所ではなく、数ヶ所で開催されるのが普通です。カラオケ大会の参加者はお年寄りの方が多いです。従って、歌われる曲は演歌が大半です。皆さんを見ていると、「歌を通じて、人生を心から楽しんでいるなあ」と感じます。

 彼らの中には、日系2世や3世の人もおり、日本語を話せない人もいるそうです。「日本語を話せないのに、どうして演歌のコブシをうまくまわし、スラスラ歌えるのだろう・・・」と不思議でなりません。

 若い人、特に子供たちの参加者も少なくありません。彼らは「チビッコ」のカテゴリーで勝敗を競います。大人たちの歌は、お世辞にもうまいとは言えないものもあるのですが、子供たちの歌のうまさは、半端ではありません。プロの歌手も顔負けのチビッコもたくさんいます。

 このカラオケ、サンパウロでは立派なビジネスとして十分成り立っています。例えば・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:03Comments(0)国、町、村