プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年09月05日

エステ市に戻る

15821.jpg パラグアイの首都アスンシオンから、約2ヵ月半滞在していたシウダー・デル・エステに戻りました。アスンシオンは、パラグアイの西の端、シウダー・デル・エステは東の端にあり、約327km離れています。

 自分の車を運転して行ったのですが、この国で車を運転するのはとても気を使います。というのも、道路警察の評判がとても悪いからです。少しでも違反をしようものなら、すぐに車を止めて、反則切符を切ろうとします。でも、たいていは切るポーズだけで、本当の目的は裏金をもらうことです。

 だから、違反の根拠もいい加減で、目測で「今、時速83km出てた」とか、「後ろの座席の人がシートベルトをしてない」などと言ってきます。でも、本当にこちらが違反していたらまだ納得できるのですが、警官の中にはアラを探して、なんやかんやイチャモンをつけてくるのもいるそうです。

 私はまだ、悪徳警官の被害にはあっていませんが、いつやられても不思議ではありません。日本では、違反をしていなければ反則切符を切られることはないし、違反をした場合でもそれなりの根拠を示してくれます。日本の国の公正さを当然のものと思っていましたが、そうではないことを思い知らされました。警察が信用できる国って、いいですね。

写真は、アスンシオンとシウダー・デル・エステ間の道路。遠くに、パラグアイで最も大きいイパカライ湖が見える。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 06:00Comments(0)国、町、村