プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年09月11日

パラグアイへ再入国

15825.jpg 朝10時、アルゼンチンからパラグアイへ再入国しました。私の目的は、パラグアイの90日間の滞在許可をもらうこと。ドキドキしながら、入国手続きの列に並びました。

 想定問答を頭の中で思い浮かべながら、私たち夫婦のパスポートを差し出すと、どうしたことか、係官は横に座っている別の若い係官へ、私たちのパスポートを手渡し、何かを調べるように命じました。そして、私たちには後ろで待機しておくように命じました。

 「もしかして、何か文句をつけられるのかなあ・・・」

 しばらくして、私たちの名前が呼ばれ、何の質問もなしにパスポートにスタンプを押し、90日間の滞在許可を与えてくれました。たぶん、私たちのパスポートにはたくさんのスタンプが押されているので、若い係官に調べてもらっただけのようです。

 基本的には、パラグアイは親日国です。日本人に対しては、尊敬と信頼を抱いているようです。私も、時々、それを感じます。今回も、私が日本人だったから、スムーズに手続きができたのかもしれません。でも、国境の手続きは、係官の胸一つで左右されます。時の運です。陸路での国境越えは本当に気を使います。

写真は、パラグアイの入国手続きの列に並ぶ人たち。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 06:10Comments(0)制度