プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年10月11日

パラグアイ・チャコ地方を訪ねて

17132.jpg 日本の約1.1倍の面積を持つパラグアイは、南北を貫くパラグアイ川を境に、東西に分けることができます。その西側はチャコ地方と呼ばれ、パラグアイの国土の約60%の面積を占めますが、人口はたったの3%です。

 今日から5日間の予定で、チャコ地方を自動車で旅してきます。実は、ある方から紹介された獣医さんが、たまたま今日からチャコ地方の牧場に行くので、私たちも同伴させてもらうことになりました。

 第一日目の今日は、その獣医さんと一緒に、アスンシオンから約270kmにあるPozo Colorado(ポソ・コロラド)という町まで行き、そこで小型トラックに乗り換え、未舗装の私道を約60km走り、ある方が所有する牧場まで行きました。

 ポソ・コロラドまでは、ほぼ真っ直ぐの道が延々続きました。道の両側にはやしの木が立ち並び、途中、町らしい町は何もありません。時々、先住民たちの質素な家があり、道に出て手工芸品を売っていました。

 未舗装道路は、まるでジャングルでした。走っているトラックの後ろを見ると、砂ぼこりで何も見えません。荷台に乗っている荷物は、着いた時には砂でザラザラでした。途中、何度も、先住民の集落や大きな牧場を通り過ぎ、約1時間半かけて、目的地に到着しました。

 この牧場は、ある社長さんが所有しており、管理者が常駐して牛や馬などの動物の世話をしています。私たち夫婦は、なぜか、社長さんご夫妻がいつも泊まる部屋に泊めてもらいました。クーラーもあり、とても快適でした。

 しかし、チャコはめちゃくちゃ暑い。パラグアイはすでに春だというのに、その暑さはすさまじいです。

写真は、チャコ地方を貫いている幹線道路。直線道路が何十キロも続きます。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 02:59Comments(0)国、町、村