プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年10月30日

日系人主催のアサード会

18854.jpg 「セントロ日系」主催のアサード(焼肉)会に行ってきました。この日はちょっと寒く、午前中は雨もパラパラ落ちていたのですが、思った以上にたくさんの人が集まっていました。

 セントロ日系は、パラグアイの首都アスンシオンから約30kmのItagua(イタグア)という町にあり、広大な敷地の中に、立派な会館をはじめ、ゲートボール場やパークゴルフ場などがあります。

 アサード会の目的は、「資金集め」と「日パ交流」。一人25,000グアラニー(約470円)で、肉、野菜、デザートなどが食べ放題。飲み物は別料金ですが、今日は寒さのせいで、ビールの売れ行きがもうひとつでした。

 お客さんのほとんどは、パラグアイ人。先日の盆踊り大会もそうでしたが、パラグアイ人は日本人社会に深く浸透していて、両者はとてもいい関係が保たれているという印象を受けました。

 しかし、パラグアイという国は、毎晩、どこかで、アサード。週末ともなると、あちらこちらで煙が上がります。肉が安いこともありますが、「人生、楽しまなければ損」というのを感じます。

アサードは、炭火で長時間かけてじっくり焼いた牛肉です。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 21:44Comments(0)国、町、村