プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年12月02日

アルゼンチンの温泉に行って来ました

18881.jpg アルゼンチンの首都ブエノス・アイレスから約540km北にあるMaria Grande(マリア・グランデ)という街に温泉があると聞いて、早速行って来ました。

 入場料は、一人7ペソ(約280円)。夜11までオープンしており、その間出入り自由です。

 この温泉は、1375メートルの地下から湧き出てるそうです。お湯を舐めると、その塩辛さにビックリしました。塩の含有量はかなり高く、温泉から出てしばらくすると、水分が蒸発して体中が塩で真っ白になります。だから、温泉の中では体がプカプカ浮きます。

 ここでは水着着用です。また、洗い場もありません。だから、温泉と言うよりも、天然湯の温水プールという感じです。アルゼンチン人たちが、思い思いにリラックスしていました。

温泉と言うよりもプールです。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:03Comments(0)国、町、村