プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年12月14日

アルゼンチンの「タンゴの日」

19551.jpg アルゼンチンは今週は「タンゴの週」、今日は「タンゴの日」だそうです。s昨年までは、首都のブエノス・アイレスだけだったのですが、今年からは、アルゼンチンの国会で認められて、国家的イベントとして全国規模で実施されることになりました。

 一昨日お会いした「らぷらた報知」の高木さんのご招待で、「タンゴ・フェスティバル」に行ってきました。開始時間は午後8時の予定ですが、9時過ぎに始まり、終わったのはなんと午前1時。さすがラテンです。

 フェスティバルでは、タンゴ界では有名な人が次々出てきて、歌っては表彰、演奏しては表彰されていました。実は高木さんも、「タンゴの日」の理事をやっていたり、長年タンゴの普及に貢献されてきたので、途中で舞台の上に呼ばれて表彰されていました。高木さんには今日の表彰は知らされてなかったそうです。ビックリされてました。

 最後の方で、「Shohei Taniguchi(谷口庄平)」さんという方が出てきて、タンゴをギターで弾き語ってました。高木さんによると、彼はアルゼンチンのタンゴ界では有名な方だそうです。谷口さんは、自分で作ったある曲を、1番はスペイン語、2番は日本語で歌いました。その会場には日本人は私たち以外、誰もいなかったにもかかわらず、日本語をアルゼンチン人にしみじみ聴かせたことに、何とも言えず感動しました。

 フェスティバルが終わって会場を出ようとしていると、アルゼンチン人のおばさんが目を輝かせながら私に向かって、「あなたはTaniguchiの息子か?」と聞いてきました。なんでやねん?!さすがに「そうです」とは言えませんでした。

 会場を出て、高木さんと朝4時まで喫茶店で話しをしました。しかし、元気な80歳です。恐れ入りました。

写真は、タンゴ・フェスティバルが行われた「ロラ・メンブリヴェス劇場」。
※クリックすると大きくなります


日本語で熱唱するShohei Taniguchiさん(左) 日本語で熱唱するShohei Taniguchiさん(左)
表彰される高木さん(中央の白のスーツ) 表彰される高木さん(中央の白のスーツ)  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 06:35Comments(1)国、町、村