プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2006年02月11日

南米のあいさつは欧米とはここが違う!!

21423.jpg 1月18日の当Blog「南米はあいさつキッチリ!!」のコメント欄に、「ふるひろ」様から以下のようなコメントをいただきました。ふるひろ様、いつも鋭いご指摘、ありがとうございます。

         ==============================

 【「ふるひろ」さんのコメントの一部】

 かくいう私は、英米での「How are you?」という挨拶に辟易していました。別に相手の調子なんて本気で興味ないだろうに、社交辞令で聞くんじゃねぇ!って。中国人や韓国人の留学生も「どう答えていいのやら、ようわからん。軽い気持ちでたずねているだろうに『実は落ち込んでる・・』と言うわけにもいかんし・・」と首をひねってました。

         ==============================

 「南米はあいさつキッチリ!!」の文章の中の、スペイン語のあいさつの部分を、日本語ではなく英語に訳していたので、南米のあいさつと英語のあいさつを、同じようなニュアンスに取られた方もいらっしゃったと思います。また、この「南米はあいさつキッチリ!!」を公開する時に、

 「『欧米人もよくあいさつするし、欧米人と南米人は何も変わらないじゃないか。」と感じる読者もいるかもしれないなあ」

と思っていました。この点は、完全に私の舌足らずでした。そこで、今日は誤解が少なくなるように書いてみます。

 南米のあいさつは、「量」「質」「手段」ともに、欧米を圧倒的に凌駕しています。まずわかりやすい「量」についてですが・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 04:47Comments(0)ひと