プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2006年02月17日

パタゴニアは3月になると物価が急落

22305.jpg 南米は今、夏の真っ盛りですが、今年は例年にないくらい猛暑だそうです。数十年ぶり、一説には50年ぶりの暑さがブラジル・アルゼンチン・パラグアイあたりを襲っているとのニュースを聞きました。パラグアイ在住の友人のメールには、「今パラグアイに戻ってくると、暑さでひっくり返るよ」と書かれていました。

 そのニュースを聞いて、「南アメリカ大陸南部のパタゴニア地方のどこかに、もう少し滞在したいなあ・・・」と考えました。私たち夫婦の旅は特に予定もないし、急ぐ旅でもありません。気候のいいパタゴニアで安く生活できるところが見つかれば、そこで夏が終わるまでゆっくり滞在したいと思っていました。しかし、ここで問題になるのは「費用」です。

 この時期のパタゴニアは、何もかもめちゃくちゃに高い。1年分を夏の時期に稼ごうとする上に、最近のパタゴニアは「観光バブル」と言われるくらい物価が高いのです。だから、長く滞在したいと思っても、そこはなかなか難しいところです。

 そこで思い切って、現在滞在中のチリのバルディビアにあるカバーニャの経営者に安く泊まらせてもらえないか、聞いてみることにしました。すると・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 01:56Comments(1)国、町、村