プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2006年02月28日

「7つの湖街道」を観光

22430.jpg 2月24日〜今日28日までの5日間、アルゼンチンの通称「7つの湖街道」をキャンピングしながらゆっくり巡りました。これは、サン・マルティン・デ・ロス・アンデス(San Martin de Los Andes)からサン・カルロス・デ・バリローチェ(San Carlos de Bariloche)までの約200kmの街道のことを言います。アンデス山脈とその間にあるたくさんの湖を見ながら走ることができ、夏のこの時期は世界中からたくさんの観光客が訪れています。

 あいにくぐずついた天気の日が多かったのですが、バケーションシーズンも終盤に差し掛かっていたので、それほど混雑することなくゆったり観光できました。

 以前、当Blogでバリローチェの余りにも観光地化しすぎていることを書きましたが、サン・マルティン・デ・ロス・アンデスも負けてはいませんでした。

 2006年1月29日「パタゴニアの目玉・バリローチェ」

 2006年1月30日「バリローチェの定番を観光」

 それに伴い、ホテルも高かったです。安いところで一部屋100ペソ(約4,000円)、高いところは400ペソ(16,000円)もしました。クトゥラル・コで泊まったホテルは一部屋30ペソ(約1,200円)だったので、その高さにビックリしました。もちろん私は、キャンプを選びました。この町で一番高いキャンプ場を選んだのですが、一人1泊15ペソ(約600円)、二人で30ペソ。クトゥラル・コのホテルと同じ値段ですので、贅沢なキャンピング場でした。

 明日は久しぶりにチリに戻ります。アルゼンチンはしばらくお別れです。

朝起きるとテントの周りにたくさんの野鳥が集まっていました。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 22:56Comments(1)国、町、村