プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2006年05月06日

パラグアイでは茶道と書道が人気

28603.jpg パラグアイ・日本協会が主催する日本文化祭に行ってきました。パラグアイでは、日本文化を紹介するさまざまなイベントが開催されることが多いが、この日本文化祭もそのひとつです。

 茶道、書道、生け花をはじめ、柔道、空手、日本舞踊などが披露されており、パラグアイ人も和風弁当を食べながら楽しんでいました。パラグアイ人はもっと不思議そうな顔をするのかなあ・・・と思っていたのですが意外とそうでもなく、みんな表面上は平静でした。でも内心は「なんじゃこりゃ」って思っていたのかもしれません。

 特に人気があったのは、茶道と書道。というのも、茶道はお茶とようかんがただでもらえるから、書道は自分の名前をカタカナで書いてもらえるからでしょう。さすがラテン、チャッカリしてます。

茶道はお客さんにも体験してもらっていました。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 01:15Comments(0)ひと