プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2006年08月29日

ブラジルで花の農場を見学

31855.jpg ミナス・ジェライス州とサン・パウロ州の州境にカンブイ(Cambui)という小さな町があります。そこで花卉栽培を営んでいる大島正敬さんのお宅に、昨日からお世話になっています。

 大島さんは東京農業大学を卒業後、ブラジルに移住されました。現在は、ブラジル東京農大会の会長もされています。私がサン・パウロの東京農大会館でお世話になっていた時に、大島さんが「近くに来たら寄りなさい」と言っていただいていたので、今回はお言葉に甘えて寄らせていただきました。

 大島さんの農場を見学させてもらいました。見渡す限りの花畑で、日本では考えられないくらいの規模でした。同じバラでもいろんな種類があるそうで、詳しく説明していただきましたが、いかんせん私の知識が貧弱なため、ただただ感心するばかりでした。大島さんの話によると、ブラジルではかつては赤やピンクなどのドぎつい原色の花が売れていたそうですが、最近では日本と同じように淡い色の花が徐々に売れ始めているそうです。国が発展すると、原色から淡色へと嗜好が移行するとかしないとか・・・

 夜は、奥さんが作ってくれた夕食を、ご家族全員と一緒にごちそうになりました。大島さん、とてもお世話になりました。ありがとうございました。

写真は、大島さんのご家族。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 03:49Comments(0)ひと