プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2006年10月15日

夏時間のいい点悪い点

31863.jpg 今日からパラグアイは夏時間になりました。日本と13時間差だったのが、今日から12時間差になりました。12時間差というのはとても便利で、例えばこっちが昼の3時だったら、日本は夜の3時。とてもわかりやすくなりました。

 もともと夏時間を採用する一番の理由は、「夏の電力消費量を抑える」ためで、去年のブラジルは約4.6%の節電になったそうです。

 しかし私個人的には、「生活にメリハリが出る」というメリットがあるように思います。家じゅうの時計を合わせながら、「いよいよこれから夏が始まるんやなあ・・・」って思うと、ちょっと体がシャッキッとするような気がします。また夜遅くまで明るいので、少し得した気分も味わえます。

 ちなみに夏時間を採用している南米の国は、私の知っている限り、パラグアイ、ウルグアイ、チリとブラジルの一部です。意外と少ないですね。というのも・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 04:31Comments(1)制度