プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2006年10月29日

炎天下で軟式野球

32901.jpg パラグアイ・アスンシオンの今日の気温は、朝8時の時点で30度超、昼の1時には37.6度を記録。最もピークの2時から3時ごろにはたぶん40度を超えていたと思います。

 そんな日に、朝から晩まで野球をしました。午前中は、アスンシオンの少年野球チームの試合のお相手。首都のアスンシオンには、野球をする子供が、他の移住地に比べて少ないため、練習試合の相手がなかなか見つからないそうです。来月には全パラグアイ少年野球大会も開催されるので、それに備えて練習試合をしました。私の方のチームは、おっさんと低学年の子供の混成チーム。結果は7対4で負けました。パラグアイの野球のレベルもなかなかのもんです。

 昼からは青年チームとの試合です。9イニングのフル試合でした。何打席回ってきたのか、何本ヒットを打ったのか、頭がもうろうとして覚えていません。

 後で数えてみると、結局、全部で18イニングもやっていました。しかもフル出場。よーやりました。

 これを書いているのは試合の翌日なのですが、意外と疲れていないことにちょっと自信を持ちました。立ち上がれなくなるのでは・・・と思っていたのですが。ただ、筋肉痛だけは避けられないようです。

 しかし、今、パラグアイは春。真夏にはどんな気温になるのでしょうか。考えただけでも恐ろしいです。

暑い感じが伝わりますか?
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 04:41Comments(0)ひと

2006年10月28日

春なのに酷暑

32900.jpg しかしここ数日、めちゃめちゃ暑い。暑すぎます。湿度も高くて蒸し暑いです。

 朝起きたら気温はすでに28度。日中のピークは36度。おまけに湿度も80%に近いらしい。雨でも降れば少しは涼しくなるのに、降りそうで降らないので、湿度だけは一人前に高くなり、ジッとしているだけで汗が出てきます。

 パラグアイでは今、暦の上では春です。日本で言うと、ちょうど桜が咲く頃の季節です。なのにこの暑さ。もー、グッタリです。

 実は明日の日曜日、野球の試合に誘われています。頼むから、もう少し涼しくなって下さい。

写真は、朝9時の福祉センターのゲートボール場。暑すぎて誰も出てません。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 04:39Comments(0)国、町、村

2006年10月27日

さようなら、田中茂くん

32899.jpg 私がパラグアイのアスンシオンで滞在している「日系福祉センター」には、たくさんの若者が住んでいます。彼らのほとんどは、パラグアイの日系移住地に移住してきた人の息子さん、娘さんです。しかしここには、日本からパラグアイにサッカー留学をしている若者が一人だけいました。田中茂くんです。

 茂くんは佐賀県出身。21歳。16歳の時にパラグアイに来て5年がたちました。そして今日、日本に帰国してしまうので、空港まで見送りに行ってきました。

 彼はとても優しくて、福祉センターにいる唯一のじいちゃん・ばあちゃんの楠さんの面倒をよくみていました。また、福祉センターに住んでいるみんなから慕われていたようです。その証拠に、福祉センターに住んでいるほぼ全員が空港まで見送りにきていました。

 2006年9月26日「どうして南米の日本人の方が元気なのか?」

 日本では、九州を中心に入団できるサッカーチームを探すそうです。南米仕込みのテクニックと、誰からも慕われる人柄と、南米出身のチームメートとのスペイン語でのコミュニケーションで、きっとすばらしいサッカー人生を送ることでしょう。私も日本に帰ったら、彼が出場するチームの応援に行ってみたいと思っています。

空港に見送りに来た人たち。左から4番目が田中茂くん。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 04:38Comments(0)ひと

2006年10月21日

パラグアイ・紙幣使用禁止事件

32898.jpg パラグアイで信じられない事件が起こりました。「あるお札は使わないで下さい」とテレビや新聞で報道されたのです。なぜそのようなニュースが報道されたのか・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 04:34Comments(0)国、町、村

2006年10月15日

夏時間のいい点悪い点

31863.jpg 今日からパラグアイは夏時間になりました。日本と13時間差だったのが、今日から12時間差になりました。12時間差というのはとても便利で、例えばこっちが昼の3時だったら、日本は夜の3時。とてもわかりやすくなりました。

 もともと夏時間を採用する一番の理由は、「夏の電力消費量を抑える」ためで、去年のブラジルは約4.6%の節電になったそうです。

 しかし私個人的には、「生活にメリハリが出る」というメリットがあるように思います。家じゅうの時計を合わせながら、「いよいよこれから夏が始まるんやなあ・・・」って思うと、ちょっと体がシャッキッとするような気がします。また夜遅くまで明るいので、少し得した気分も味わえます。

 ちなみに夏時間を採用している南米の国は、私の知っている限り、パラグアイ、ウルグアイ、チリとブラジルの一部です。意外と少ないですね。というのも・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 04:31Comments(1)制度

2006年10月07日

2年続けて盆踊り大会に

31862.jpg 今年も、パラグアイの首都アスンシオン恒例の盆踊り大会に行ってきました。実は、去年も行きました。と言うことは、去年の今ごろもアスンシオンにいたんですね。全く意識してませんでした。

 2005年10月22日「パラグアイで盆踊り大会」

 相変わらず、すごい人でした。私もパラグアイ生活が長くなってきたので、去年より知り合いが増え、屋台を出している人たちの中にも顔見知りがたくさんいました。私もだんだんパラグアイ在住日系人の域に達してきたかもしれません。

写真は、今年の盆踊り大会。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 04:28Comments(1)国、町、村

2006年10月01日

真剣勝負でハッキョイ・ノコッタ

31861.jpg 全パラグアイ相撲選手権大会に行ってきました。毎年、パラグアイのどこかで開催されているそうで、今年で23回目を迎えました。

 会場は日本人会の総合運動場。ここには相撲の土俵だけではなく、野球場、ゲートボール場、パークゴルフ場、さらに日本人移住者のための墓地までありました。本当に立派な施設でした。

 相撲大会は、アスンシオン、ピラポ、ラパス、イグアスの各移住地からやってきた選手が、幼年、少年、準青年、一般に分かれて、団体戦と個人戦を行います。これをたった1日で行うので、朝から晩までかかります。また多い人だと十数回も取り組むので、ものすごい疲労だと思います。

 ブラジルでも相撲大会を見に行ってきましたが、パラグアイはブラジルと違ってまだまだ日系人がほとんどでした。

 2006年7月2日「将来はブラジル出身の横綱が誕生するかも??」

 大会終了後、みんなでアッサード(パラグアイ式焼肉)を食べて来年の再会を誓っていました。

写真は、真剣に取り組んでいる選手たち。まわしの下に短パンをはいています。
※クリックすると大きくなります
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 04:22Comments(0)国、町、村