プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2006年11月10日

パラグアイが日本からの巨額融資をなぜ断ったのか?

32903.jpg 昨年(2005年)の10月末から11月上旬にかけて、パラグアイのニカノル・ドゥアルテ・フルトス大統領が日本を訪問して、当時の小泉首相と京都で会談しました。その時に、日本は手土産として、1億9600万ドル(約231億円)もの巨額の融資を約束しました。しかもその条件は、「0.7%の低利息、40年間の長期返済」というもので、パラグアイにとってすごく有利な条件です。

 巨額の財政赤字をかかえている日本が、あまり国益を考えず、海外にお金をばらまいている状況については私も疑問を持っているのですが、それについてはここでは置いておきます。

 問題は、こんなに有利な融資案件を、最近になって、パラグアイはなんと断ってきたのです。というのも・・・  続きを読む


Posted by 永石公認会計士事務所 at 04:48Comments(1)国、町、村