プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年01月09日

ブラジル人学校、存続の危機

ranking

 派遣切り問題が世間を騒がしていますが、日本に出稼ぎに来ている日系ブラジル人については、もっともっと深刻です。

 去年の上半期から外国人切りが始まっていたのですが、マスコミはほとんど報道していません。ここにきて、日本人の派遣切りが大きくなってきたので、ようやく報道しはじめたようです。

 ブラジル人労働者の子供たちが通う「ブラジル人学校」が各地にあるのですが、仕事を失う保護者が増えたことで生徒数が激減しており、その運営が危機に直面しています。

 そのほとんどが日本の学校として認可されていないので、授業料収入だけが頼りなだけに、生徒数が減ると運営し続けることが困難になってしまいます。

 景気のいいときに、外国人労働者をたくさん受け入れるのはいいが、その他の法の整備がなされていないのが現実です。学校教育もその一つです。

 ここにきて、ようやく政府も定住外国人労働者の失業が増加している事態を重視し始めたようで、支援策を検討するようです。遅すぎる感はありますが、外国人労働力に頼るのであれば、それなりに安心して働けるような環境は作ってほしいと思います。

■主な関連記事:

日本人が作った学校

 【↓ ブラジル人学校に救いの手を!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:18Comments(1)ブラジル