プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年01月20日

GMのブラジル工場で人員削減

ranking

 アメリカのビッグ3の一つ、ゼネラルモーターズ(GM)のブラジル工場が、従業員800人弱を解雇する計画を発表しました。

 GMの工場は、サンパウロ市郊外のサンホセ・ドス・カンポス市にあり、約8,900人が現在働いています。従って、今回は1割弱のレイオフなので、かなり大規模と言えます。

 ブラジルの自動車需要は、昨年末から見ると多少落ち込んでいるとはいえ、世界的な落ち込みからみると、まだまだ傷んでいない方です。しかし、GMのアメリカ本体の財政があまりにもひどいので、その影響がブラジルにも及んでしまった格好になってしまいました。

 現在、自動車メーカーはどこも苦しい状況です。しかし、数年後には自動車の買い換え需要が起こるのは間違いありません。その時に供給できるところが生き残ると思います。

 日本の自動車メーカーも苦しいところですが、苦しいながらもブラジルなどの新興国への投資は続けてほしいものです。

■主な関連記事:

トヨタ、新興国投資見直し

 【↓ 今が我慢のしどき!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 17:34Comments(0)ブラジル