プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年01月29日

ブラジル株式市場、上昇中

ranking

 昨年末は世界中の株価がそろって下落しましたが、2009年1月は国によって濃淡が出てきました。

 中国・上海市場が9.33%上昇した一方、ロシアは13.43%も下落しました。同じBRICsでも大きな違いですね。

 ちなみに、日本は8.50%の下落、アメリカは6.86%の下落です。

 ところで気になるブラジル・サンパウロ市場ですが、なんと3.06%上昇しました。昨日も、久々に40000ポイントを回復しています。

 では、なぜブラジルは上昇しているのでしょう?

 ひとつは、昨年後半の下げがあまりにもきつすぎたので、下値余地がなくなってきたことです。

 次に、鉱物資源価格の下落がようやく一服してきたので、今後、価格が反転するのでは・・・と投資家が読んだのかもしれません。

 さらに、今でも金利水準が高く、まだまだ利下げ余地があるので、金融面での安心感があります。

 と、ここまでは一般的なエコノミストがよく言うことですが、私はそれに加えて下記のように考えています。

 ブラジル企業の今年の動きを見る限りでは、世界が収縮する中、「今がチャンス」と見て、積極的に設備投資や業務提携をしている企業が多いような気がします。すなわち、リスクを果敢に取って、将来に向けて思い切った意思決定をしている経営者が多いです。

 そして、この点を感じている株式投資家が、ブラジル株を買っているのでは・・・と私は思っています。

 今はまだ、ブラジルの企業の経営成績も、株価も、低迷していますが、将来、世界の景気が回復した時には、大きな成長が期待できるかも・・・と予想しています。

 希望的観測を持って見守りたいです。

■主な関連記事:

新興国投信の大暴落はピンチかチャンスか

 【↓ ブラジルに投資するなら今がチャンス・・・かな?!と思われる方はクリックを!】
ranking  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 19:13Comments(0)ブラジル