プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年08月31日

クーデターで双方辞職か



 中米ホンジュラスのクーデターの続報です。

 クーデターで政権を奪い、セラヤ大統領を国外追放した、ミチェレッティ暫定大統領は、「セラヤ大統領が辞任すれば、私も辞任し、セラヤ氏の帰国も認める」との談話を発表しました。

 これまでは、「セラヤ氏が帰国したら逮捕する」と強硬な姿勢を貫いてきましたが、クーデターから2ヶ月が経ち、態度が柔軟になってきました。

 一方、セラヤ氏側の態度は明らかになっていませんが、この提案を受け入れると暫定政権の要求を飲むことになり、ラテン人の性格を考えると、あっさりと首を縦に振らないと予想されます。

 現在のホンジュラスの状況は、米国、EU、国連ともに暫定政権を承認しておらず、経済支援も凍結されています。

 犠牲になっている国民のことを考えると、一日も早く解決してほしいものです。

■主な関連記事:

大統領、数分間だけ帰国

 【↓ 民主党が圧勝したとはいえ、日本の政治は安定しているなぁ!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 12:17Comments(0)ホンジュラス

2009年08月24日

メキシコでは麻薬所持は合法



 メキシコでは、ヘロイン、マリファナ、コカインなどの麻薬の少量所持を合法化しました。

 具体的には、マリファナは5g未満、コカインは500mg未満、ヘロインは50mg未満の所持は刑事罰の対象にはなりません。

 なぜこのような法律が議会を通過したのでしょう?

 実は、メキシコでは近年、薬物関連の暴力が激しさを増しており、麻薬密売組織やギャング団の取り締まりを強化しています。

 そのため、少量しか保持していない個人より、大規模な麻薬カルテルに対して、エネルギーを注ぐ方が得策と判断し、このような法律が成立したようです。

 しかし、合法的に麻薬を体験する目的で、メキシコを訪れる外国人が増えると懸念されています。

 今年度は、リーマンショック&新型インフルエンザショックの二重ショックによって、メキシコ経済が大きく落ち込んでいますが、外国人による「ドラッグ観光旅行」によって、メキシコの観光収入が増加し、メキシコ経済が復活するかもしれませんね。

 メキシコ政府は、もしかしたらそれを狙って、麻薬を合法化したのかな・・・。

■主な関連記事:

コロンビアの薬局は「ドロゲリア」

 【↓ 日本の芸能人によるメキシコ旅行が増えるかも!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:18Comments(0)メキシコ

2009年08月21日

アルゼンチン、牛肉危機



 70年代には世界最大の牛肉輸出国だったアルゼンチンが、ついに牛肉輸入国に転じる可能性が出てきました。

 原因は、乾燥した天候と、政府による輸出制限のようです。

 天候が乾燥すると牧草が育たず、おまけに飼料価格も高騰しているため、多くの牧牛がえさを与えられないまま死んでいます。

 また、せっかく牛を育てても、輸出制限があるために、高く買ってくれる外国に売ることができません。

 アルゼンチンの牛肉価格は、1kg当たり1.65ドルで世界最低水準です。

 そのせいもあって、アルゼンチンでの牛肉消費量は年々増加しています。

 牛肉の消費は増えているのに、生産者が減少しているアルゼンチン。

 アルゼンチンを訪れる時の最大の楽しみは「アルゼンチン産牛肉を味わう」ことなのに、そのうち、ブエノスアイレスのレストランでブラジル産牛肉を食べることになるかもしれません。

■主な関連記事:

ホームステイもいいもんです

 【↓ アルゼンチン牛肉を日本で食べることができないのは残念!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 12:46Comments(0)アルゼンチン

2009年08月17日

視聴率アップのために殺人



 ブラジルの人気テレビ番組「カナル・リブレ(Canal Livre)」の視聴率を上げるために、人気司会者のウォレス・ソーザ氏が殺人を依頼していたという疑惑が浮上しています。

 この番組は、警察が到着する前にいち早く犯罪現場の様子を伝え、迫力ある映像を次々に放送してました。

 彼は議員も務めているため不逮捕特権があり、起訴はされているのですが逮捕には至っていません。

 ブラジルでは、国会議員や地方議員は不逮捕特権があるため、逮捕することはできません。

 ただ、共犯とされる息子など15人が、殺人容疑等で逮捕されています。

 彼は、「今回の事件は汚職警官のでっち上げである」と無実を主張しています。

 日本では、このような番組が存在すること自体も想像できませんし、ましてや番組のために人を殺すというのも考えられません。

 逆に、この司会者がやっていない場合に、彼を陥れようとして無実の罪をなすりつけようとする警官がいるということも、考えてみればすごいことですよね。

 しかし、ブラジルでは両方とも「十分ありえるだろうなぁ・・・」と、容易に想像できます。

 国が違えば考え方も異なるものですね。

■主な関連記事:

銃はパンを買うより簡単

 【↓ 日本の価値観で世界を考えるのは危険!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:21Comments(0)ブラジル

2009年08月12日

大統領がインフルエンザ感染



 中米コスタリカのアリアス大統領が、新型インフルエンザに感染しました。

 アリアス大統領は、中米和平の貢献が称えられ、1987年にノーベル平和賞を受賞しています。ホンジュラスのクーデターでも、調停役を務めており、ラテンアメリカでは著名な人物です。

 ここ最近、日本では新型インフルエンザのニュースがあまり報じられていませんが、南米では今が冬の真っ最中。相変わらず猛威をふるっているようです。

■主な関連記事:

ついに最高の「フェーズ6」

 【↓ そういえば日本のインフル感染者って何人?!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 19:44Comments(0)コスタリカ

2009年08月05日

ブラジルでタバコの密輸が増加



 世界じゅうで自動車に対する減税や補助金政策が行われているせいで、自動車販売が伸びています。ブラジルでも例外ではありません。

 ブラジル政府は、これによる歳入の減少や歳出の増加に対応するため、代わりにタバコに30%の税金を課しました。

 世界中、タバコは増税のターゲットに持ってこい、なのですね。

 現在のブラジルでの正規価格は一箱3レアル。日本円で約150円。ブラジルの最低賃金が20000円ちょっとなので、このタバコの値段はかなり高いです。

 そこで、パラグアイからの密輸品が、ブラジルに大量に出回っているそうです。その価格は一箱1.2レアル(約60円)。

 パラグアイでの仕入れ価格は数セントなので、密輸入業者は大もうけです。

 ブラジル政府は、パラグアイ・ブラジル国境での警備を強化しているのですが、夜に小さなボートを使って秘密港から持ち込んだりして、思うような効果は出ていないようです。

 もちろん密輸はいけないことですが、政府の愚策に対して抵抗し、自分の生活を守る姿勢は、ある意味すごいなあと思います。

 日本だったら、タバコが増税されたら、タバコをやめるか吸い続けるかが議論されますが、ブラジルでは「密輸で安く買おう」という選択肢があるんですね。

■主な関連記事:

この街は「南米の香港」

 【↓ 政府のいいなりになっていると国民が損する!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:39Comments(0)ブラジル

2009年08月04日

石油、アルゼンチンからブラジルへシフト



 スペインの石油最大手レプソルは、これまでアルゼンチンに対して多額の投資を行っています。

 アルゼンチンを訪れたことがある方は、「YPF」というガソリンスタンドを見かけたことがあると思います。このYPFは、アルゼンチンの国有石油会社の民営化に伴い、1999年にレプソルが買収したものです。

 ところが、これがレプソル本体の経営の足を引っ張っており、レプソルは4年連続で生産が落ち込んでいます。

 そこで、アルゼンチンに見切りをつけ、中国企業とYPFの売却交渉に入ると共に、ブラジルへの投資を3倍の規模に拡大します。

 近年発見されたブラジルの油田は、世界最大級と言われています。

 すでにレプソルは、ブラジルの22の油田ブロックの権益を保有しており、うち11のプロジェクトを運営していますが、さらに本腰を入れて、ブラジルに追加投資をする模様です。

 アルゼンチンとブラジルの経済格差がますます広がっていく予感がします。

■主な関連記事:

パタゴニアのガソリンの価格にビックリ

 【↓ 資源や食料を持っている国は強い!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 13:24Comments(0)アルゼンチン