プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2010年06月29日

日本がパラグアイと対戦することに感動している日本人がいる





 今夜は、日本vsパラグアイ戦です。

 どちらが勝っても初のベスト8進出です。

 パラグアイはどんな国か知らない人が多いと思いますが、相手を知って試合を観戦すると、10倍楽しくなります。

 このブログの中にパラグアイ情報がたくさんあるのですが、皆さんが自分で検索するのは面倒だと思うので、一昨日から私はツイッターで、パラグアイ情報をつぶやいています。

 nagaishishuichiをフォローしましょう

 このボタンをクリックし、その中のつぶやきから関心のあるところを気ままにクリックして、パラグアイのことを少しでも知った後、試合を観戦していただくと、パラグアイ戦が一層楽しめます。

 私も自分の記事を改めて見直してみて、パラグアイについて再発見しました。

 「パラグアイって意外と日本とのつながりが深いんだなぁ」と、きっと思うことでしょう。

 日本人はパラグアイのことをほとんど知らないが、パラグアイ人は意外と日本のことを知っています。

 「パラグアイが日本と対戦することに心から感動している日本人・日系人が、パラグアイにはたくさんいる」ということは、ぜひ知っておいてください。

         ******************************

 ところで、パラグアイは、南米予選突破の原動力となったエースストライカーのサルバドル・カバニャスが、今年1月、メキシコのバーで、銃で頭部を撃たれるという衝撃的な事件が起きました。

 奇跡的に一命を取りとめたものの、銃弾は頭に残ったままの状態で、カバーニャスは予選における一番の立役者だったにもかかわらず、本大会に出場できなくなってしまいました。

 パラグアイが好調なのは、この事件をきっかけに結束力が高まったからかもしれません。

 今夜の試合、本当に楽しみです。

 VIVA PARAGUAY!! VIVA JAPON!!



■主な関連記事:

パラグアイ戦と日本戦のレベル差

 【↓ パラグアイってそうだったんだ!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 13:30Comments(0)パラグアイ

2010年06月28日

ずばり予想します-希望を込めて決勝戦はこの2ヶ国





 南米勢、強すぎます。絶好調です。

 決勝トーナメント1回戦で、ウルグアイが韓国に2-1で勝ち、アルゼンチンもメキシコに3-1で勝ちました。

 ちなみに、南米予選では、ウルグアイはプレイオフの末、ギリギリで出場を決め、アルゼンチンも最後の最後まで出場が決まらず、なんとか4位で通過しました。

 南米予選で4位と5位の国がこれだけの強さを発揮しています。今大会の南米のレベルの高さがわかります。

 そしてついに今晩、南米予選1位のブラジルと、2位のチリが直接対決です。

 事実上の南米チャンピオンを決める一戦です。

 従って、残念ですが、どちらかが南米初の敗退国になってしまいます。

 午前15時30分キックオフですが、これをライブで見ない理由はないでしょう。4年に1度の最高レベルの試合を楽しみましょう。

 ところで、今回のワールドカップの決勝戦は、史上初の「ブラジル対アルゼンチン」があるかもしれません。そんなワクワクする予感がします。それくらい、両国は絶好調です。

 隣国にありがちなんですが、ブラジルとアルゼンチンは決して仲がよくないです。ことサッカーに関しては、ライバル意識むき出しです。

 今回のワールドカップは明らかな誤審が多いようですが、この両国の対戦で誤審でもしようものなら、暴動に発展しかねません。

 誤審のないトップクラスの審判を要求します。FIFAさん、よろしくお願いします。



■主な関連記事:

アルゼンチン出場ピンチ

 【↓ ブラジル対アルゼンチンの決勝戦をみんなで集まって観戦したい!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:13Comments(2)南米

2010年06月26日

パラグアイと日本、どっちを応援していいのか



 ワールドカップサッカーの一次リーグが終わりました。

 ここまで負けなしの南米勢でしたが、昨日、チリがスペインに1-2で敗退し、南米勢が初めて負けました。

 これにより、一次リーグの南米5ヶ国の成績は10勝1敗4分となり、すべて決勝トーナメントに進出しました。

 南米、絶好調です。

 日本もメキシコも勝ち進みましたし、個人的にはここまで満足な結果です。

 いよいよ今日から決勝トーナメントが始まります。

 アルゼンチンvsメキシコ、ブラジルvsチリ、パラグアイvs日本など、楽しみな試合がたくさんありますが、どっちを応援していいのかわからないので、試合が始まってから、無意識の判断にまかせます。

 特にパラグアイ対日本。これは本当に迷います。

         ******************************

 パラグアイには約1年間滞在し、現地にもたくさん友人がいます。決勝トーナメント進出にあたって、彼らからの喜びの連絡もたくさんいただきました。

 パラグアイで自動車を購入し、パラグアイのナンバープレートをつけた車で南米中を走破しました。

 パラグアイにはたくさんに日本人・日系人が住んでいるのですが、彼らには本当にお世話になりました。

 パラグアイは本当にすばらしい国です。いい人がたくさん住んでいます。私にとっては大好きな国の一つです。

 パラグアイが日本で有名になるのはうれしいのですが、日本で報じられている情報は、表面的な、かつ偏った情報が多いです。マスコミも急に取材ができないので仕方がないのかもしれません。

 下記に、私がパラグアイに滞在中に書いた厳選記事を、いくつか紹介しておきます。本当のパラグアイを感じてください。そして、日本対パラグアイを観戦して下さい。

「南米のヘソ」パラグアイ

現地に貢献している日本人移民

祝!ラパス移住地入植50周年

パラグアイで盆踊り大会

えっ!パラグアイに日本のお城が?!

パラグアイの通貨はなぜ強いのか?

 まだまだパラグアイに関する記事はたくさんありますので、興味のある方は「ブログ内検索」を使って、パラグアイをぜひ研究してみてください。

 正直なところ、できたらこの両国には戦ってほしくなかったです。でも、これも運命です。歴史に残るすばらしい試合にしてほしいと思っています。

 VIVA PARAGUAY!! VIVA JAPON!!



■主な関連記事:

パラグアイ戦と日本戦のレベル差

 【↓ パラグアイ在住の日系人の気持ちがわかる!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:43Comments(0)パラグアイ

2010年06月25日

南米快進撃、初の快挙なるか!



 前回準優勝国のフランスに続いて、優勝国のイタリアも36年ぶりに一次リーグで敗退しました。

 それに対して、南米5ヶ国はいまだ負けがありません。ここまで10勝0敗3分けです。

 しかも、南米勢はすべて一次リーグは首位通過です。

 グループA首位:ウルグアイ
 グループB首位:アルゼンチン
 グループF首位:パラグアイ

 ちなみに、パラグアイの次の対戦相手は日本です。

 私はこのブログで、今大会は南米勢が好調と書いてきましたが、最近ようやく、各種マスコミも気がついてきたようで、「強い南米、弱い欧州」というような記事をよく目にします。

 今晩、グループGのブラジルと、グループHのチリがもし負けなければ、一次リーグでの「南米不敗神話」が完成します。

 そして、もし南米の全5ヶ国がそろって決勝トーナメントに進出すれば、32ヶ国が参加するようになった1998年大会以降、初めての記録になります。

 また、欧州以外で開催された過去8度のワールドカップは、すべて南米勢が優勝しているので、今大会も大いに期待が持てそうです。



■主な関連記事:

南米5ヶ国はすべて決勝トーナメント進出か!?欧州は絶不調

 【↓ 日本代表おめでとう!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:19Comments(0)南米

2010年06月22日

南米の調子が良すぎて怖い



 すべての国が2試合ずつ終了しましたが、昨日のチリの勝利で、南米5ヶ国の成績は8勝0敗2分となり、南米の無敗記録がいまだ更新中です。

 今回のW杯は南米が強すぎて、ちょっと怖いくらいです。

 こうなったら、「南米」+「メキシコ」+「日本」の7ヶ国に、決勝トーナメントに進出してもらいましょう。

 今日からいよいよ決勝トーナメントに進出する国が続々決まってきます。

 まずは今晩、グループAはメキシコとウルグアイ、グループBはアルゼンチンが決めることでしょう。

 今夜、マラドーナ監督の大喜びする顔が見られます。



■主な関連記事:

ブラジルではワールドカップ中は商売あがったり

 【↓ 見たい試合ほど地上波でやらない!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 16:14Comments(1)南米

2010年06月21日

南米は依然負けなし、欧州は内紛勃発



 南米、強いです。

 昨日は、南米パラグアイが欧州スロバキアに2-0で完勝し、ブラジルもコートジボアールに3-1で順当勝ちしました。

 ここまで南米代表5ヶ国の成績は、7勝0敗2分と負け知らずです。

 正直、FIFAランキング30位のパラグアイがここまで強いと思いませんでした。

 パラグアイは、FIFAランキング5位のイタリアに1-1の引き分けに続き、欧州予選を余裕で通過したスロバキアにも完勝。

 日本が決勝トーナメントに行く場合、パラグアイと対戦する可能性が高いです。

 そしてブラジル。王者の貫禄です。ホントすごいです。すべてにおいてレベルが高すぎます。まるで、別の種類のサッカーを見ているようです。

 ただ、強い国が優勝するとは限らないので、ブラジルの悪いクセの「油断」が出ないように祈ります。

         ******************************

 好調な南米に対して、調子の悪いのがヨーロッパです。ここまで6勝7敗8分です。

 イタリアは昨日、FIFAランキング78位のニュージーランドに1-1の引き分けでした。

 フランスは、フォワードのアネルカ選手がチームから追放されたことに、他の選手が抗議、練習をボイコットする事態となっています。

 イングランドは、決勝トーナメント進出を逃した場合に。監督が辞任する可能性があると報じられています。

         ******************************

 今晩23時から、南米予選2位のチリと、スペインを破ったスイスが戦います。

 チリの次の対戦は優勝最有力候補スペインなので、今日のスイスには勝っておきたいところです。

 こうなったらトコトン欧州に勝ち続けてほしいです。



■主な関連記事:

パラグアイ戦と日本戦のレベル差

 【↓ 生放送で見るには時間が悪すぎる!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 16:40Comments(0)南米

2010年06月20日

南米5ヶ国はすべて決勝トーナメント進出か!?欧州は絶不調



 昨日、日本はオランダに惜しくも負けましたが、次のデンマーク戦で引き分け以上で決勝トーナメントに行けます。

 6月24日の深夜は、全力で日本を応援します。

 ところで、今大会はスペイン、ドイツ、イングランドなど、調子が上がらない国が多く、欧州はここまで6勝6敗7分けです。

 それとは反対に、ラテンアメリカは実質的にここまで負けなしです。

 「実質的」と書いたのは、チリvsホンジュラスは1-0でチリが勝ったのですが、これは両方ともラテンアメリカなので、仕方がありません。

 このホンジュラスの敗戦をのぞくと、ラテンアメリカはすべて引き分け以上です。

 南米5ヶ国に限って言うと、5勝2分と絶好調です。

 ホント、今大会の中南米は調子がいいですねぇ。主な結果は下記です。

 メキシコ   2-0  フランス
 ウルグアイ  3-0  南アフリカ
 アルゼンチン 4-1  韓国

 今晩は、南米予選3位のパラグアイがスロバキアと、南米予選1位のブラジルがコートジボアールと戦います。

 そして、明日の晩は、南米予選2位のチリと、あのスペインに勝ったスイスとの一戦があります。厳しい試合ですが、チリにも十分に勝機があります。

 これはありえないと思うのですが、明日の晩、北中米予選3位のホンジュラスが、あの無敵艦隊、優勝候補筆頭のスペインに勝つようなことがあれば、おそらくその日は、ホンジュラスでは国民の祝日に指定されることでしょう。

 ちなみに、ホンジュラスでは、28年ぶりにワールドカップの出場を決めた翌日の10月15日は、正式な祝日になりました。

 ということで、今大会は、メキシコ、ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジル、チリの6ヶ国が決勝トーナメントに進出する可能性がありそうです。



■主な関連記事:

中南米はここまで負けなし

 【↓ 寝不足で頭フラフラ!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:12Comments(0)ラテンアメリカ

2010年06月16日

ブラジルではワールドカップ中は商売あがったり



 日本時間深夜3時30分開始のブラジルvs北朝鮮を見るために、今日は暗いうちから起きました。

 前半は0-0でしたが、後半に入ってブラジルが2点を取り、北朝鮮が1点を奪い返すもここまで。結果は2-1でブラジルの勝ち。

 ブラジルが勝つのは予想通りですが、44年ぶりの出場、ランキング105位とは思えないほど、北朝鮮は善戦したと思います。

 ところで、私は4年前のワールドカップの時は、ブラジルのサンパウロに滞在していました。下記のブログを見て下さい。

 「ブラジルはワールドカップ一色」

 その時に驚いたのは、ブラジル戦の試合中は、ほとんどすべての店が閉店します。銀行も役所もモールも。だから町中はシ~ンとしています。

 試合中に、サンパウロの地下鉄に乗ってみたのですが、一つの車両に一人ぐらいしか乗っていませんでした。

 逆に、テレビが置いてあるバールや、ビーチでは、ものすごい人だかりです。

 ワールドカップ期間中は、大げさでも何でもなく、ブラジル経済は止まります。商売はできないし、役所は機能しないし、株式市場も売買高が低調になります。

 「たかがサッカー」とあなどれません。「されどサッカー」です。

 その見えない経済効果はものすごいものがあります。



■主な関連記事:

ブラジル人の大観衆の中でワールドカップを見た

 【↓ たかがサッカー、されどサッカー!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:10Comments(0)ブラジル

2010年06月15日

パラグアイ戦と日本戦のレベル差



 日本、勝ちましたねっ!!後半30分過ぎからドキドキしっぱなしでしたけど、何とか逃げ切りました。

 日本のことは、いろんな人がいろんなところで書いているでしょうから、私はパラグアイについて書きます。

 昨日のパラグアイの対戦相手は、前回大会優勝のイタリアでした。

 結果は、1-1の引き分けです。

 前半39分にパラグアイが先制しましたが、後半18分にイタリアに追い着かれました。パラグアイの守りは堅いです。イタリアに1点は入れられたものの、イタリアに対してここまでやるとは・・・。

 今回のパラグアイは、思ったより強そう。次のスロバキアも楽しみです。

 この試合は、日本戦の後に行われたのですが、正直、レベルがまったく違っていました。特にスピードとパスの正確性。同じW杯の試合なのに、ここまで違うのか、という感じです。

 ブラジルやアルゼンチンのメディアでも、「試合内容はひどいものだ」と報じられているようです。

 しかも、「日本が勝ったのはW杯最大の驚き」と、日本の強さというより、「カメルーンはなんで日本なんかに負けたのか」という論調のようです。

 確かに、試合内容を見れば、そう言われても仕方がないかもしれません。

 日本が勝ったのはうれしいですし、みんな喜べばいいのですが、本気で決勝トーナメントに行きたいのであれば、日本国内にもっと厳しい論調があってもいいと思います。

 ブラジルのマスコミなんて、負けたら当然ですが、勝っても批判しまくります。へたをすれば優勝してもケチを付けかねません。

 日本では、勝てばみんなが喜び、負ければみんなが意気消沈する。勝っているのに批判などすれば、白い目で見られるのがオチでしょう。

 まあ、それが日本の文化なのでしょうね。

 あっ、そうだ。今夜は深夜3時半からブラジルvs北朝鮮。これまた楽しみです。



■主な関連記事:

アルゼンチンの優勝はないらしい

 【↓ 勝って兜の緒を締めよ!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:43Comments(1)パラグアイ

2010年06月14日

中南米はここまで負けなし



 先週金曜日からワールドカップが始まりました。

 第一試合(20時30分開始)、第二試合(23時開始)まではリアルタイムで何とかチェックできるのですが、深夜3時30分から始まる第三試合はさすがに厳しいですね。

 昨日までで、全出場国32ヶ国のうち、半数の16ヶ国が登場しました。

 うち、中南米の国はメキシコ、ウルグアイ、アルゼンチンの3ヶ国です。

 グループAのメキシコは開幕戦で主催国の南アフリカと対戦。メキシコは押していたにもかかわらず、逆に南アフリカに先制されましたが、後半34分に何とか同点に追い着き、1-1のドロー。

 ワールドカップ史上、主催国の初戦は負けたことがないそうなので、メキシコにとっては引き分けで上出来です。

 同じくグループAのウルグアイはフランスと対戦。結果は0-0のスコアレスドロー。ウルグアイは守って守って、何とか勝ち点1をもぎ取りました。

 次のフランス戦で、もし勝つようなことがあると、決勝トーナメント進出の可能性が高まります。

 そして、グループBのアルゼンチンですが、ナイジェリアに1-0で勝利しました。

 得点こそなりませんでしたが、メッシ、うまいですね。調子が上がってきました。次の韓国戦が楽しみです。

 ここまで中南米は1勝0敗2分。まずまずです。

 そして今日の深夜3時30分からは、南米予選で途中まで1位を独走していたパラグアイ(最終順位は3位)と前回ドイツ大会優勝のイタリアが激突します。

 私はパラグアイには長く滞在したこともあり、友人も多いので、この試合は個人的にもすごく楽しみです。

 それよりも、何よりも、今晩11時からいよいよ日本がカメルーンと対戦します。オランダやデンマークと日本との実力差は歴然なので、今日勝てないと、一次リーグ突破は厳しくなるでしょう。引き分けではなく、必ず勝ってほしいです。

 今夜はテレビにかじりついて応援します。



■主な関連記事:

アルゼンチンの優勝はないらしい

 【↓ 日本と世界との実力差はまだまだ大きい!と思われる方はクリックを!】
  


Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:56Comments(0)ラテンアメリカ