プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年01月04日

今年は南米大陸の南部を周遊

2665.jpg 新年明けましておめでとうございます。

 現在、ブラジルのサルバドールにいます。ブラジルのほぼ東端に位置し、大西洋に面した海のきれいな町です。また、ブラジル最初の首都で、かつてはサトウキビ農園の労働力確保のため、アフリカからたくさんの黒人が奴隷として連れて来られたらしく、町を歩いていても肌の黒い人がたくさんいます。さらに、サルバドールのカーニバルは、リオのカーニバルと並ぶほど有名です。

 昨年12月16日に、ベネズエラから28時間バスに乗って、アマゾンジャングルの町・マナウスに入り、サン・ルイス、レシフェと飛行機で飛び、ブラジル4都市目のサルバドールにいるのですが、ブラジルに入って劇的に変わったことがあります。それは、「人」です。

 人がとても親切で、暖かくて、笑顔一杯で、あいさつをきっちりして、正直で、素直なのです。ポルトガル語はほとんどわかりませんが、彼らの人のよさに助けられ、ブラジル入国後、今日まで楽しい日々を送っています。

 私の今年の予定は、前半はブラジル・ボリビア・アルゼンチン、後半はチリ・ペルーを周遊するつもりです。が、全くわかりません。あくまでも「予定は未定」です。今年も、気の向くまま、心地のいい方へ、面白そうな方へ、楽しそうな方へ、動いていこうと思っています。一方で、日本から見て地球の真裏で見つけた、面白くて、変わっていて、南米独特のネタも、バンバン投稿してまいります。

 今年も、【『ラテン』って何やねん?!】を、どうぞよろしくお願いします。

 また、旅の様子をリアルタイムで綴った【南北アメリカふたり旅】ホームページ
      http://travel.nagaishiweb.com/
 並びに、【南北アメリカふたり旅】メールマガジンも、合わせてよろしくお願いします。

 (【南北アメリカふたり旅】メールマガジンは、【南北アメリカふたり旅】ホームページのトップから登録できます。もちろん無料です。)

写真は、サルバドールの旧市街。実は、街並みそのものが世界遺産に登録されています。
※クリックすると大きくなります


同じカテゴリー(ひと)の記事
日本でも感染者84人
日本でも感染者84人(2009-05-18 15:11)

むっちゃ元気日記
むっちゃ元気日記(2009-03-13 08:36)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:45│Comments(0)ひと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。