プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年01月31日

旅は「人」

3958.jpg 一昨日、1月29日の朝、とうとうリオ・デ・ジャネイロに入りました。来週はいよいよ、子供の頃からの夢だった「リオのカーニバル」を見に行きます。

 先週の1週間は、リオ・デ・ジャネイロから北に約600kmにある、ブラジルのエスピリト・サント州の州都・ヴィトリアに滞在していました。この町は、「ツバロン製鉄」という世界有数の製鉄所があり、鉄やコーヒーの輸出港としても栄え、きれいなビーチもたくさんあります。しかし、旅の見どころはそれほど多くないという印象です。その証拠に、日本の旅行ガイドブックにはほとんど載っていません。普通の旅行者は、パスしてしまうことが多いようです。

 ではなぜ、この町に1週間もいたのか? それは・・・
          ******************************

 それは、ヴィトリアでたくさんの素晴らしい方々に出会って、毎日楽しく過ごしていたからです。私の旅では、現地の人々と出会うことが多いのですが、ヴィトリアではここで働いていらっしゃる日本人の方々とたくさん出会いました。

 シュハスコ(ブラジルのバーベキュー)・パーティーに招待していただいたり、車でしか行けないビーチやレストランに連れて行ってもらったり、夕食をご馳走になったり・・・。また、ある方に「うちに泊まってもいいよ」と言っていただき、お言葉に甘えて、滞在させていただきました。たくさんの方にお世話になりっぱなしでした。

 ヴィトリアでは、「旅は『人』」ということを再認識しました。どんな人に出会うかによって、その土地の印象も変わります。おかげで、ヴィトリアという町の印象が、私の中では素晴らしいものになっています。

 移動に次ぐ移動で、相変わらずインターネット通信には苦労しておりますが、移動することによって、国と国、町と町の比較ができるので、私のアンテナも敏感に反応し、おもしろいネタも拾いやすくなります。通信事情が許す限り、いろんなネタをジャンジャンお届けいたしますので、よろしくお願いします。

写真は、ヴィトリアでお世話になった方々。ほんの一部です。
※クリックすると大きくなります

同じカテゴリー(ひと)の記事
日本でも感染者84人
日本でも感染者84人(2009-05-18 15:11)

むっちゃ元気日記
むっちゃ元気日記(2009-03-13 08:36)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 23:17│Comments(1)ひと
この記事へのコメント

【『ラテン』って何やねん?!】の永石修一です。

永石さんは夢のような旅をされていますね。
いつか私もやってみようと思います。

西本さん、
やっている本人は、「夢のような旅」という感じではなく、
毎日、必死に移動してます。

上海をラテンのノリに染めるつもりです。

渡邊さん、
上海でラテン。いいですねぇ。
お手伝いできることがあったら、言ってください。

素晴らしい人たちと出会えるということは、
永石さんが素晴らしいという事なのだろうな、と感じます。

森可奈子さん、
お褒めのお言葉、ありがとうございます。
「いい人と出会うために、自分を磨く」ことを
常に心がけて、旅をしていこうと思っています。

アマゾン原産の「アサイー」にこのところハマッテおり

まさしさん、
私も「アサイー」のジュースにハマッテいます。
おいしくて、栄養満点。
まだ日本には知られていないようですが、
いつか誰もが知るようになるかもしれませんね。
Posted by 永石修一 at 2005年04月05日 01:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。