プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年04月15日

池崎社長とEXPOへ行く

7048.jpg 先日、サンパウロのリベルダージで「花祭り」がありました。ここでは、日本の文化を継承すべく、日本の伝統的な祭りが頻繁に開催されます。日本にいるよりも、リベルダージの方が、日本の文化に触れる機会が多いような気がします。

 その中に、先日ロングインタビューをさせていただいた池崎商会の社長、池崎博文さんを発見しました。彼は、リベルダージ文化福祉協会(商工会)の会長でもあり、ブラジルにおける日本文化の普及に力を入れているのです。

 彼は私を見つけ、手招きをしました。私は近づいて、先日のインタビューのお礼を言いました。

 花祭りが終わり、池崎さんに「それではこれで失礼します」と言うと、「これからどうするの?よかったら、一緒に『EXPO』へ行かない?」と誘われました。

 何だかわからないうちに、車に乗せられ、一緒について行くことにしました。会場に到着して、私はビックリしました。そこは・・・
         ******************************

 幕張メッセみたいな大会場でした。そして、「Hair Brasil 2005」という大きな看板。今日から4日間、「美容と頭髪とエステティック」に関するEXPOが開催されているのです。

 池崎さんと中に入ると、たくさんの会社が出展していました。大音量の音楽の中、カリスマ美容師のような兄ちゃんが、モデルの髪を踊りながら切っていたり、モデルの髪を染めたりしていました。

 でも、その中で最も大きなスペースを取っていて、最も人気があったのは、「IKESAKI」のブースでした。私は改めて、池崎商会の大きさに驚きました。

 池崎さんは私にいろいろ説明をしてくれるのですが、いろんな方が彼に近づいては挨拶をし、話しかけていました。それでも彼は、私に気を使い、いろんな方を紹介してくれました。最後には、彼の周りに人だかりができ、私と話ができなくなってきたので、池崎さんは私を連れて「IKESAKI」の商談ブースに避難しました。

 「私の相手をしても、1銭のお金にもならないのに、どうして私にいろいろ説明してくれるのか」。とても申し訳なく思いました。

 でも、彼の気持ちは、「せっかく私が誘ったのに、放っておいては失礼だ」と思ったそうです。結局、4時間近くも一緒に歩きました。

 池崎さんと話をしていると、本当に楽しくウキウキしてきます。そして、それだけではなく、仕事について、人生について、本当に勉強になるのです。池崎さんが、なぜここまで私の相手をしてくれるのか、正直言って不思議です。

 池崎商会の社長、池崎博文さん。彼と出会っただけでも、サンパウロに来た甲斐がありました。ある朝、「池崎さんと会いたい」と思ったこと。そして、現実に会うことができたこと。さらに、長い時間話しができたこと。今となっては全てがとても不思議です。

 このような出会いがあるからこそ、「旅」、いや、「人生」はやめられませんね。

 「池崎商会」ホームページ
 http://www.ikesaki.com.br

写真は、「Hair Brasil」での池崎商会のブース。大盛況でした。
※クリックすると大きくなります

同じカテゴリー(ひと)の記事
日本でも感染者84人
日本でも感染者84人(2009-05-18 15:11)

むっちゃ元気日記
むっちゃ元気日記(2009-03-13 08:36)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:11│Comments(0)ひと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。