プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年09月10日

アルゼンチンへ一旦出国

15824.jpg 早いもので、パラグアイに滞在して今日で89日目です。いろんな出会いがありました。

 ところが、滞在期限は90日しかないのです。移民局で延長する方法もあるのですが、何かと面倒なので、私は一旦出国する方法を選びました。

 方法は簡単。90日の期限が切れる前に外国に行き、再び入国すれば、また90日の滞在が許可されます。ただし、その日に戻ってくるなど、外国にいる期間が短すぎると許可されにくいし、許可されても不当な裏金を要求されることもあるそうです。

 ということで、本日、アルゼンチンに行ってきました。といっても、パラグアイのシウダー・デル・エステから、アルゼンチンのプエルト・イグアスまでは、バスで30分です。夕方ごろ出国し、1泊して、明日戻る予定です。明日は、果たして、どうなることやら・・・

写真は、国境からパラグアイ側を見た風景。
※クリックすると大きくなります


同じカテゴリー(制度)の記事
海外での選挙制度
海外での選挙制度(2005-10-02 02:43)

パラグアイへ再入国
パラグアイへ再入国(2005-09-11 06:10)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 06:08│Comments(1)制度
この記事へのコメント

いつも楽しく読ませて頂いています。
勿論苦労はあるのでしょうが、永石さんの大陸を自由に渡る生活、とても羨ましく思っています。

さて、日本国籍の旅行者はシンガポールへ飛行機で到着した場合、とりあえず30日の滞在許可を得ることができます。しかし、バタム島やビンタン島といったインドネシアの島々から船で渡った場合は2週間、ジョホールから車で渡った場合も2週間しかビザをもらえまえん。
Posted by 岩田弘志 at 2005年09月27日 00:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。