プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年10月12日

乗馬、種付け、注射、そして・・・

17133.jpg 今日は盛りだくさんの1日でした。

 早朝6時起床。朝食も食べずに、馬に乗りました。というのも、8時を過ぎると気温がグングン上昇し、馬に乗るどころではないからです。

 実は、乗馬は生まれて初めてです。数km離れた牧場までゆっくり歩いて行き、牧場の中の牛の大群の中を進み、そして帰ってきました。早朝のすがすがしい景色の中を、馬に乗りながらゆったりと散歩をするなんて、なかなか気持ちのいいもんですね。

 昼食後、牛の種付けを見学しました。マイナス198度で保存された牛の精子を、一列に並ばせたメス牛に、次々と埋め込んでいきます。その手際は見事でした。

 その後、オス牛ばかりいる別の牧場に行き、栄養剤とワクチンを注射するのを見学しました。牛追いたちが小さなスペースに牛を追い込み、一列に並ばせ、注射をしていきます。牛たちも注射をされることがわかっているのか、なかなか言うことを聞きません。その中でも1頭だけ、どうしても注射を拒否した牛がいました。小学校の時に、注射の順番待ちをしている時の心境を思い出しました。

 夕食後、ハプニングが起こりました。
         ******************************

 この牧場には今夜まで泊まって、明日の朝、出発する予定でした。ところが、一緒に来た獣医がこう言うのです。

 「雲行きが怪しくなってきました。もし、雨が降ると、道が通れなくなり、少なくとも3日、もしかしたら2週間ぐらいここに閉じ込められる可能性があります。そこで、今からすぐにここを出て、舗装道路があるところまで行きます。ただしそこはホテルがないので、今夜は車の中で寝ることになります。」

 しかし、なんちゅーとこや。雨が降ったら、本当に陸の孤島になってしまうとは・・・。仕方なく、真っ暗闇の未舗装道路を2時間、車を飛ばし、24時間営業のガソリンスタンドの脇で、一夜を明かしました。2年3ヶ月の旅で、初めて野宿をしました。

 今日は、4つも初体験しました。

写真は、牛の大群。馬が近づくと、いやいやながら、道を空けてくれます。
※クリックすると大きくなります

同じカテゴリー(国、町、村)の記事
G20で外面のいい日本
G20で外面のいい日本(2008-11-17 12:31)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 03:01│Comments(0)国、町、村
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。