プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2005年10月20日

パラグアイの物価は激安!!

17139.jpg パラグアイでは、食料などの生活必需品の物価はめちゃくちゃ安いです。

 例えば・・・

   ●飲むヨーグルト1リットル:63円
   ●牛乳1リットル:44円
   ●キャベツ丸ごと1個:12円
   ●なすび1個:8円
   ●クレソン1束:7円
   ●たまねぎ1個:5円
   ●ピーマン1個:4円
   ●みかん1個:3円
   ●トマト1個:3円

 といった感じです。ビックリするでしょ。大量に野菜や果物を買っても、300円も行きません。だから、生活するだけならほとんどお金はかかりません。

 日本のお年寄りは、年金だけでは日本で生活するのは厳しいですよね。そこで最近、パラグアイに移住している日本のお年寄りが、増えてきているそうです。先日お会いした老夫婦も、「こっちゃの方が気楽でええわ・・・」っておっしゃっていました。

 また、別の老夫婦は、「生活費は全部で3万円くらいなので、年金が余ってしまいます」とも言っていました。

 さらに、さらに・・・

 パラグアイは南米諸国の中でも最も親日的な国であり、パラグアイと日本との間には移住協定が結ばれています。そして、移住者数の制限枠には、まだまだ達していません。世界的に移住の制限が厳しくなっているこのご時世、パラグアイであれば、その気になれば、まだまだ移住ができそうです。ただし、パラグアイのように政情が不安定な国は、その方針がいつ変更になるかわかりません。移住協定が有効なうちがチャンスです!!

 いかがですか?

写真は、アスンシオンのスーパーマーケット。
※クリックすると大きくなります


同じカテゴリー(商品)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 03:37│Comments(0)商品
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。