プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2006年02月24日

たまたま立ち寄ったレストランでの思い出

22429.jpg 先週、アルゼンチンの真ん中、Neuquen(ネウケン)州のCutral-Co(クトゥラル・コ)という変な名前の町のとあるレストランに、夜遅く立ち寄って食事をした時のこと。今夜の宿が決まっていないと話すと、レストランのオヤジさんが自分の知り合いの安宿を紹介してくれ、しかもわざわざそこまで連れて行ってくれました。ただの一見のお客さんに対して、ものすごい親切です。

 そこのパリージャ(アルゼンチンでは有名な焼肉のこと)がとてもおいしかったし、その日のお礼も言いたかったので、今日、今井さんのお宅の帰りに寄りました。「寄りました」と簡単に書いていますが、今井さんのお宅とこのレストランは片道150kmほど離れています。

 またまた同じパリージャを注文し、先日のお礼を言いました。ちなみにこのおいしいパリージャは、食べ放題で一人18ペソ(約720円)です。安くておいしいので、いつもお客さんで混雑していました。

 「本当にいろいろありがとうございました。でも、ここはとても遠いので、もう来ることはないと思います。」とお別れのあいさつをすると、とても残念そうな顔になり、帰りに一枚のお皿をプレゼントしてくれました。そこには、「クトゥラル・コの思い出」と書かれていました。

 旅は一期一会ですね。いい人と会うとうれしいのですが、別れはちょっぴり辛いです。でも、これがあるから旅はやめられないのです。旅は人生そのものです。

写真は、レストランの皆さん。ありがとうございました。
※クリックすると大きくなります


同じカテゴリー(ひと)の記事
日本でも感染者84人
日本でも感染者84人(2009-05-18 15:11)

むっちゃ元気日記
むっちゃ元気日記(2009-03-13 08:36)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 22:54│Comments(1)ひと
この記事へのコメント

一期一会、そんな経験を日常で体感しておられる永石さん、羨ましいです。
都会暮らしでも一期一会を繰り返しているのでしょうが、何故かとても気軽になってしまいますね。
Posted by 岩田 弘志 at 2006年03月08日 23:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。