プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2006年03月09日

牛乳好きの私にはちょっとつらいチリ

22785.jpg 私は大の牛乳好きです。コーヒーも大好きなので、カフェ・コン・レッチェ(ミルク入りコーヒー)があれば何も言うことがありません。

 実は、私が今まで訪れたチリの町では、日本で売っているような成分無調整の新鮮な牛乳を見たことがありません。その代わり、ラルガ・ビダ(larga vida:英語でlong life)と言われる長期保存が可能な牛乳がたくさん売られています。これは、加熱処理することによって、数ヶ月間常温で保存できる牛乳です。

 一度、間違って買ってしまったので飲んでみましたが、牛乳にうるさい私にとっては、正直、まずかったです。でも、チリの人はこの牛乳で問題ないようです。

 そう言えば、ブラジルでも新鮮な牛乳を見ることはほとんどありませんでした。

 これに関連して、チリとブラジルの両国で売っていないものは、コーヒーに入れるクリームパウダーです。クリープとかマリームみたいなやつです。私は移動生活をしているので、このクリームパウダーが欠かせません。でも、どこにも売っていないのです。

 ブラジルにいた時には、日本から友人に持ってきてもらいました。そして現在は・・・実は、チリに入る時に「もしかしたら売ってないかも」という気がしたのでアルゼンチンで買い占めてきました。大正解でした。

 「新鮮な牛乳」と「クリームパウダー」。チリではどうして売ってないのでしょうか。

写真は、スーパーの野菜・くだもの売り場。アルゼンチンに比べて新鮮なものが多いですが、物価は高めです。
※クリックすると大きくなります


同じカテゴリー(商品)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 07:50│Comments(3)商品
この記事へのコメント

東南アジアでも常温で牛乳や卵が売られているのを見たことがありますが、結構衝撃でした。
当地でも美味しい牛乳にはめぐまれませんねぇ。
日本に一時帰国したときにでもたらふく頂こうと思います。
Posted by 岩田 弘志 at 2006年03月20日 00:14

永石さん

ウニは、サンチャゴですよ!!
サンチャゴでタラフク食べて下さいね。

以下は、LA近郊に住む知人のメッセージです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
中央市場内のレストラン「ドンデ・アウグスト」にて、日本円で1000円程度で“ウニの大盛”が食べられると聞いていたからです。ここはかなり有名なレストランらしく、ペルーのフジモリ前大統領をはじめ有名人が訪問したときの写真が壁に飾られていました。“ウニの大盛”は、品質的にはイマイチでしたが大変な量で、非常に楽しめました。(醤油やワサビが用意されていたのには驚きましたが・・・。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

南米は、これから、ますます裕福になりますよ。
なぜなら、原油が少なくなるため、代替品としてのエタノール(原料:サトウキビ)が必要となります。サトウキビを生産する国は、これから、砂糖を独占すると繁栄するでしょう。砂糖だけでなく、金、銀、プラチナや農産物などの価格を支配できる国が、今後、繁栄することでしょう。

南米のボリビアやブラジル、チリ、アルゼンチンや、カナダや豪州も楽しみです。このようなことを考える日本人が、東京に多くなってきました。なぜか、ユダヤ人や中国人も同じことを考えているようですが・・・・・
Posted by 建仁寺(平安の都) at 2006年03月21日 12:38

パキスタンでも新鮮な牛乳は飲めません。
正確に言うと、パキスタンでは新鮮な牛乳を飲むのには
かなりの勇気が要ります。日本や欧米のような冷蔵での
Supply Chainが発達しているところでは、新鮮な牛乳は
飲んでも問題ないですが、そうでない国では飲むと大抵
下痢になります。当地でも輸入のLong Lifeを使用して
いるので、うちの子供たちは外国に行った時には新鮮な
牛乳を沢山飲んでいます。
「新鮮な牛乳」がのめるか否かでその国の流通の事情が
分かるのかもしれません。

又、カラチでは港が直ぐそこになるのに、魚もあまり
流通していません。お国柄があるのかもしれませんが
この「Cold Supply Chain」の問題もあるようです。
Posted by 細野 at 2006年03月21日 13:08
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。