プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2007年02月14日

鉄鋼石の世界三大メジャーの一つ「リオドセ」社を見学

36114.jpg ブラジルのヴィトリアにある、Companhia Vale do Rio Doce S.A(リオドセ社、現ヴァーレ、またはバーレ)の工場を見学しました。この会社は、資源開発を手がけている会社で、鉄鋼石の生産・販売に関しては世界一です。ニューヨーク証券取引所にも上場しています。

 ちなみに、先月はリオドセ社の元社長の別荘に行ってきました。

 2007年1月21日「超豪華別荘を見学」

 今日、案内していただいたのは、ニブラスコ(NIBRASCO)社で働いている礒崎成一さんです。ニブラスコ社は、リオドセ社と日本の大手鉄鋼会社や商社が共同で出資して運営している、ペレットを製造している会社です。

 リオドセ社の工場内は、約600万本もの植林が生い茂っていました。また、数百キロも離れたところから鉄鋼石を乗せてくる電車の線路が何本もあり、はるか遠い採掘所から直接構内に運ぶことができるよう、効率的な設計になっていました。

 ほとんど自動化されているせいで、構内には思ったほど人がいませんでした。

 私は元鉄鋼会社の研究員だったこともあり、今日は楽しませていただきました。そして懐かしかったです。

 最近の鉄鋼業界の活況のせいもあって、リオドセ社はフル稼働のようです。

写真は、リオドセ社の構内
※クリックすると大きくなります


向かって右側が礒崎さん 向かって右側が礒崎さん

同じカテゴリー(店・工場・会社)の記事
久しぶりの工場見学
久しぶりの工場見学(2006-08-28 03:46)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 02:14│Comments(1)店・工場・会社
この記事へのコメント

リオドセ社の鉄鋼会社なんかキムタクのドラマみたいで
活気の感じる写真ですね
Posted by 中古車輸出業の実務講座 at 2007年02月19日 10:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。