プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2007年03月03日

中南米最難関の大学を見学

38532.jpg サンパウロ州のサン・ジョゼ・ドス・カンポスにITA(イッタと読みます)という大学があります。ITAは、Instituto Tecnologico de Aeronauticaの略で、航空技術大学とでも訳したらいいのでしょうか。

 この大学は、ブラジルいやラテンアメリカで最難関の工科大学と言われており、ある機関による世界の大学ランクでも、東大や京大よりはるかに上位です。

 この大学はブラジル空軍の敷地内にあるため、本来なら部外者は簡単に入ることはできないのですが、ITAを卒業した友人の案内で見学することができました。

 実は敷地内には、エンブラエルという飛行機製造会社もあります。この会社は、100人乗りぐらいの中小型機では世界一と言われており、エンブラエルの作る飛行機は、ブラジルで最も外貨を稼ぐ産業となっています。エンブラエルには、ITAの航空学科の卒業生がたくさん働いています。

 ブラジルにおける日本人・日系人の人口は、ブラジルの人口の1%にも満たないのですが、かつてITAの在校生の4人に1人は日系人だったこともあるそうです。こんなところでも日本人が活躍していたことを聞いて、とてもうれしくなりました。

 ただ、ITAの卒業生のほとんどが欧米系の会社に就職しているそうで、日系人の卒業生でも、日本の会社で働いているのは少数派のようです。ブラジルにもたくさんの日本の会社が進出していますが、このような優秀な日系人を積極的に活用していないことに、ちょっと歯がゆさを感じます。

写真は、ITAの図書館。
※クリックすると大きくなります


同じカテゴリー(ひと)の記事
日本でも感染者84人
日本でも感染者84人(2009-05-18 15:11)

むっちゃ元気日記
むっちゃ元気日記(2009-03-13 08:36)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 06:53│Comments(0)ひと
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。