プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2008年09月26日

パトカーに止められたおばちゃん

ranking

 大阪の町を自動車で走っていたら、サイレンを急に鳴らし始めたパトカーが突然交差点に入ってきて、1台の車を止めるのを見ました。

 どうやら、信号無視した車を検挙したようです。

 私が見た限り、その交差点は閑静な住宅街にあり、交通量も比較的少なく、止められた車も赤信号になってから横断したのかもしれませんが、歩行者もいなかったし、それほど不自然な流れではなかったように見えました。

 運転席から出てきたのは、人の良さそうなおばちゃんでした。それを見ても、これは悪質な交通違反ではありませんでした。

 明らかに、警察官は死角になっている場所にパトカーを止めて、信号無視で交差点を通過した車を狙い撃ちしていたようです。

 これと同じ光景をどこかで見たことがある・・・と思ったら、思い出しました。南米の真ん中にあるパラグアイという国です。

 パラグアイはもっとひどく、壊れている信号機のところで待ち伏せして「赤信号で通過した」と言い張ったり、時にはまったく落ち度がないにもかかわらず、ワイロ欲しさに停車させたりします。

 しかし、パラグアイと日本では動機がまったく異なります。パラグアイはワイロがほしくて止めることが多いのですが、日本はまじめに交通違反を取り締まろうとします。まあ、日本の方が数倍マシですが・・・。

 日本に話を戻しますが、それにしても、ここまでやる必要があるのでしょうか?

 警察は、このような些細な違反を取り締まることによって、それほど治安がよくなるとも思えないし、他にも重要な任務があるでしょう。しかも、善人ほど警察不信になってしまいます。今後は、警察に協力しようという気も失せてきます。

 おそらくこのおばちゃんは腹立たしさが残るだけでしょう。

 あまりにもまじめで杓子定規に仕事をするのは、マイナス面の方が大きい場合もあります。現代の日本における、堅苦しくて窮屈で、閉塞感が漂う世の中は、こういうところから生まれてきているような気がしてなりません。

■主な関連記事:

アスンシオンの交通マナーはめちゃくちゃ

 【↓ この何とも言えない閉塞感を何とかしたい!と思われる方はクリックを!】
ranking

同じカテゴリー(パラグアイ)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 18:26│Comments(0)パラグアイ
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。