プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2008年11月04日

オバマ氏がスペイン語を!

ranking

 久しぶりに金融ネタ以外のことを書いてみます。

 今日は、アメリカの大統領選挙の日です。オバマ候補が優勢とされていますが、結果はどうなるでしょうか。

 ところで、オバマ候補は約4億円を費やして、ゴールデンタイム枠で30分間の特別広告番組を放映し、自らの政策を訴えました。そしてそれは英語だけではなく、中南米からの移住者のために、オバマ氏自らスペイン語を話した番組もあったそうです。

 オバマ氏はスペイン語が話せないそうですが、それはとても流ちょうなスペイン語だったそうです。しかも、2時間かからずに収録できたらしい。スペイン語圏からの移住者へのおべんちゃら、とも受け取れますが、一方で、オバマ氏は少なくとも、すばらしい語学の才能があるようですね。


 オバマ氏がスペイン語で話しています。
  ↓


 オバマ氏は演説で、「移民は英語を学習しなければならない。しかし同時に、私たちもスペイン語を学ぶ必要がある」と語っています。

 全米2000万人とも言われるヒスパニック票を取り込もうという作戦はミエミエですが、この発言はアメリカが移民なしでは成立しなくなりつつある、ことを表しています。

 ちなみに、この発言に対するアメリカでの世論調査では、「何でアメリカ人がスペイン語を学ばなアカンねん。移民の方が英語を勉強せえ」って思っている人が、なんと83%もいました。

 やはりアメリカ人は、「英語が世界で一番。まわりがこっちに合わせろ!」と思っている国民なんですね。予想通りです。

 オバマ氏のキャッチフレーズは「CHANGE!!!」。私はマケイン氏でもオバマ氏でも、どちらのひいきでもありませんが、オバマ氏が大統領になったほうが、ヒスパニックの人たちの生活に大きな変化がありそうです。

■主な関連記事:

現地に貢献している日本人移民

 【↓ 移住者にも平等のチャンスを!と思われる方はクリックを!】
ranking

同じカテゴリー(ラテンアメリカ)の記事
今日からW杯開催
今日からW杯開催(2010-06-11 17:18)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 18:50│Comments(1)ラテンアメリカ
この記事へのコメント

トラックバックありがとうございます。

 日本でも昨年、法務省が中心になってまとめた提言によると、日本社会への外国人の社会統合は、日本語教育を柱とするような内容です。

 これは、難しい問題だと思います。実際に、日本に移住してきた日系南米人の人達は、通訳付きの派遣会社に雇われていて、住む場所も、色々な手続きも派遣会社がやってくれて、日本語や日本の習慣を覚えなくても日本で就労及び生活が出来る環境が出来ていました。私の記憶が定かならば、日系南米人の7割程度がこうした就労形態をとっているようです。

 手っ取り早く日本で働くことが出来るのはいいことなのかもしれませんが、日本に何十年住んでいても、日本語も覚えないし、日本の習慣や決まりごとを覚えない。景気が良いうちは良かったけれで、今回の金融危機で大量に失業している人がいると聞きますが、日本語能力がないこともあって、多くの人が自分で仕事を探すことが出来ずに、派遣会社に頼らざるを得ません。

 皮肉なことに、バブルの頃に不法に中東諸国からやってきた方の方が、日系人でもないのに日本語がぺらぺらという現実もあるようです。彼らは、不法就労なので日系人のように派遣会社を通じて仕事を探すこともできないため、町工場等でひっそりと働いていることが多いようです。

 日本語を話せない日系人が、日本で就労可能であるにも関わらず、日系人でなければいくら日本語を覚えて、日本社会になじんでも、捕まれば強制送還になるのは、何か矛盾を感じます。
Posted by Eric at 2008年11月24日 13:25
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。