プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2008年11月29日

資源大手が買収を断念

ranking
※おかげさまで現在ランキング第一位です

 資源メジャーの一つ、BHPビリトンが、同じく資源メジャーのリオ・ティントの買収断念を発表しました。

 この2社は、ブラジルのヴァーレ(バーレ)と並んで、3大鉄鉱石メジャーと言われています。

 もしこの買収が成功していたら、鉄鉱石の寡占状態がさらに進むので、市場の公正な競争が阻害されるおそれがあり、鉄鉱石価格が高止まりする可能性もあったので、日本の鉄鋼業界は買収の反対を訴えていました。

 買収断念の理由は、いろいろ報じられていますが、金融危機に伴い買収資金の調達が難しくなったことや、実体経済の不況による資源の需要が減少したことによるものでしょう。

 いずれにしても、買収計画が断念したことにより、鉄鉱石の価格がすぐには上がることはなくなったので、日本としては一安心というところです。

 でも、長期的に見たら資源需要は拡大傾向にあるので、この問題を契機に、日本はエネルギー問題について本腰を入れて考えるべきだと思います。

■主な関連記事:

ヴァーレが鉄鉱石の値上げ撤回

 【↓ 日本は食料・資源問題を本気で考えよ!と思われる方はクリックを!】
ranking

同じカテゴリー(店・工場・会社)の記事
久しぶりの工場見学
久しぶりの工場見学(2006-08-28 03:46)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 14:18│Comments(1)店・工場・会社
この記事へのコメント

電車のつり革広告では、合併撤回でも日本の大手鉄鋼業界は厳しいと書かれていました。
鉄の原料である鉄鉱石は、今回の金融危機でも高止まりをしたままですね。売買契約の方法が、原油とは違うのでしょうか?原油は、値下がりしましたが・・・

 もう一つの鉄の原料であるくず鉄の方は、中国等の需要が減って、数ヶ月前の5分の1とか7分の1の価格になってしまっているようです。ようやく底値が見えたとの記事も見ましたが・・・
Posted by Eric at 2008年11月30日 23:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。