プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2008年11月30日

FTAで日本は置き去り

ranking
※おかげさまで現在ランキング第一位です

 先週末、チリで行われたAPECをきっかけに、各国がFTA(自由貿易協定)に積極的になってきました。

 シンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイによる環太平洋戦略的経済パートナーシップ(P4)に、アメリカ、オーストラリア、ペルーが交渉参加を発表し、P7に勢力を拡大しつつあります。

 また、ペルーは中国とのFTA締結で合意しましたし、韓国とも交渉入りしそうな勢いです。コロンビアも、カナダとFTAの署名をしました。

 このように、南米諸国の間でFTAの主導権争いが激しくなっています。

 一方、わが日本は、完全に置き去りにされそうな恐れがでてきました。

 コメなどの農産品をはじめ、市場開放に消極的なので、FTAの枠組みから大きく外れています。

 日本は、このままFTA連携の枠組みから脱落することがあれば、貿易や投資自由化の利益を享受できなく恐れがあります。

 外国との貿易で成り立っている日本経済。国内の経済を生かしながら、貿易を自由化していくという難しい舵取りが迫られています。

■主な関連記事:

キューバの外貨不足が深刻化

 【↓ 外交が日本経済を左右する!と思われる方はクリックを!】
ranking

同じカテゴリー(ペルー)の記事
ペルーで初の感染者
ペルーで初の感染者(2009-05-16 13:00)

ペルーとEPA交渉
ペルーとEPA交渉(2009-02-16 10:07)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:06│Comments(0)ペルー
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。