プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2008年12月18日

米国初のゼロ金利政策

ranking
※おかげさまで現在ランキング第一位です

 それにしてもアメリカは極端な政策を打ちますねぇ。FRB(米連邦準備理事会)が事実上のゼロ金利と量的緩和の導入を決めました。

 これによって、約16年ぶりにアメリカの政策金利が日本を下回りました。アメリカの金利が日本より高いことにいつの間にか慣れていましたので、この発表は驚きました。

 アメリカは1年半前には5%超の金利でした。ホント、極端です。判断が早いとも言えますが、なりふり構わず他国の迷惑を顧みず、自国の利益を最優先しているとも取れます。国民性なのでしょうか。

 今回のゼロ金利政策によって、ドルが全面安になり、円をはじめユーロ、ポンドなどの主要通貨が高くなりました。

 先月ぐらいまでは、ドルは円に対しては弱かったのですが、その他通貨に対しては強含みでした。資金繰りに窮したアメリカ企業や投資家が、海外資産を売ってドルに換金したためです。

 ところが、12月に入ってからは、円はもちろん、ユーロ・ポンド・豪ドルなどの通貨に対しても下げていました。すなわち、ドル全面安の展開だったのです。

 現在1ドル=約88円ですが、さらに円高ドル安に進む可能性もあり、日本の輸出企業はますます予断を許さない状況になるかもしれません。逆に、海外旅行を計画している人や輸入業者は、円高メリットを享受してください。

■主な関連記事:

ブラジルの銀行は絶好調。その裏では・・・

 【↓ 円高は日本の国力が強い証拠!と思われる方はクリックを!】
ranking

同じカテゴリー(お金)の記事
バリ島の不動産事情
バリ島の不動産事情(2010-02-20 14:49)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 13:35│Comments(1)お金
この記事へのコメント

 トラックバックさせて、頂きましたが、アメリカ合衆国の対応は速いと思います。バブル崩壊後の日本ですら、ゼロ金利政策を導入するのには、相当時間がかかりました。それだけ、今回の金融危機の深刻さがうかがえます。
Posted by Eric at 2008年12月19日 01:41
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。