プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年05月22日

ブラジル食肉大手2社が合併



 ブラジルの食肉加工大手のペルジゴン社とサジア社が経営統合して、新会社「ブラジルフーズ」を設立しました。

 現在のシェアは、両社併せて冷凍食品の95%、ハムの60%を占め、ブラジルでは知らない者がいないほどの有名企業です。それだけに、ブラジルでは大ニュースとなっていることでしょう。

 また、豚肉や鶏肉の加工も手がけており、特に鶏肉の輸出量は世界最大となる模様です。

 日本には、ブラジルから大量の豚肉・鶏肉が輸入されており、今後の価格にどう影響するか、注目です。

 ここで問題になるのが、ブラジルにおける食肉業界の寡占化です。事実上、ブラジルの食肉は「ブラジルフーズ」1社が牛耳ることとなり、価格競争力が排除され、自由に価格をつけることが可能となります。

 すなわち、高い価格をつけても、消費者はこれを買わざるをえなくなり、消費者の利益が害される可能性があります。

 ブラジルの市場独占化の歴史はまだまだ未熟なため、国内ではそれほど大きな問題になっていませんが、ブラジル市場が成熟するにつれ、さらには国際的に大きな影響を持つことになれば、これから大きな問題に発展するでしょう。

 いずれにしても、これからますます、ブラジルの鶏肉が日本に出回ることになりそうです。皆さん、スーパーで買い物する時に注目してみてください。


●アメリカ大陸の新型インフルエンザ感染者 ( )は前日比
 ・米国 5710 (241)
 ・カナダ 719 (223)
 ・メキシコ 3892 (158)
 ・キューバ 4 (0)
 ・グアテマラ 4 (1)
 ・エルサルバドル 6 (0)
 ・コスタリカ 22 (0)
 ・パナマ 69 (4)
 ・コロンビア 12 (1)
 ・ブラジル 8 (0)
 ・アルゼンチン 1 (0)
 ・ペルー 3 (0)
 ・エクアドル 8 (7)
 ・チリ 24 (14)
 ・日本 292 (25)

 ※南米の先進国チリが急増してます。日本もそうですが、発展している国の方が流行する傾向にあるのでしょうか。


■主な関連記事:

南半球最大のメガバンク誕生

 【↓ ブラジルの鶏肉は確かにうまい!と思われる方はクリックを!】


同じカテゴリー(ブラジル)の記事
ボサノバライブ開催
ボサノバライブ開催(2010-10-17 23:02)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 12:46│Comments(0)ブラジル
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。