プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年06月12日

ついに最高の「フェーズ6」



 世界保健機関(WHO)が、新型インフルエンザの警戒水準を最高のフェーズ6に引き上げました。

 チリやオーストラリアなど、これから冬を迎える南半球の急激な感染者の拡大を見ると、当然かもしれません。

 日本で初めて感染者が出た時には、あれほどギャーギャー騒いでいたのに、フェーズ6が発表された今の方が、危険度は確実に上がっているはずですが、なぜみなさん落ち着いているのでしょう。

 日本においても、感染者数が日々増加してるにもかかわらず、「感染は落ち着いてきた」という日本政府のコメントの根拠がよくわかりません。

 日本では500人を超えており、感染の可能性は以前より確実に上がっていると思います。

 マスコミに振り回されず、正しい情報を入手して、それに基づき、自分の責任で正しい行動をすることを心がけたいです。


●アメリカ大陸の新型インフルエンザ感染者 ( )は前回比

 【北米】
  ・米国 13217 (0)
  ・カナダ 2446 (0)
 【中米】
  ・メキシコ 6241 (524)
  ・キューバ 5 (0)
  ・グアテマラ 60 (0)
  ・エルサルバドル 69 (0)
  ・ホンジュラス 89 (0)
  ・ニカラグア 45 (16)
  ・コスタリカ 104 (11)
  ・パナマ 221 (0)
 【南米】
  ・コロンビア 35 (0)
  ・ブラジル 40 (4)
  ・アルゼンチン 256 (21)
  ・ペルー 64 (0)
  ・エクアドル 67 (7)
  ・チリ 1694 (0)
  ・パラグアイ 25 (9)
  ・ボリビア 5 (2)
  ・ウルグアイ 24 (0)
  ・ベネズエラ 13 (1)
 【日本】 518 (33)

 ※実は日本は世界で第7位


■主な関連記事:

南米全土にインフル広まる

 【↓ 都道府県別の感染状況が最近マスコミ報道されないのはなぜ?!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(南米)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 11:19│Comments(0)南米
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。