プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年09月18日

ブラジル株が6万ポイント突破



 ブラジルのサンパウロ証券取引所のボベスパ指数が、約1年2ヶ月ぶりに6万ポイントを回復しました。

 昨年の夏ごろに最高値をつけた後は、リーマンショックの影響もあって、昨年秋ごろに安値をつけました。

 その後、ほぼ一本調子に回復しており、ついに6万ポイントを突破しました。

 また、ブラジル通貨のレアルが、1ドル=1.8レアルとなり、ドル安レアル高の傾向にあります。

 世界的に、投資対象が安全資産からリスク資産にシフトしはじめているため、米ドルが売られ、新興国通貨が買われる傾向にあり、その影響もあって、新興国市場に投資資金が流れていることも、レアルやブラジル株が上昇している原因の一つと考えられます。

 ブラジルでは、GDPの6割を占める消費が比較的堅調だったこともあり、GDPが3四半期ぶりにプラスに転じました。

 ブラジルの株や債券のファンドに投資している人にとっては、このまま好調を維持できるのか、気になるところでしょう。

■主な関連記事:

BRICsの株式市場は二分

 【↓ ちょっと急騰しすぎかな・・・?!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ブラジル)の記事
ボサノバライブ開催
ボサノバライブ開催(2010-10-17 23:02)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 16:21│Comments(0)ブラジル
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。