プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年10月17日

アルゼンチン出場決定



 サッカーワールドカップの南米予選の最終戦で、アルゼンチンがウルグアイに1-0で勝ち、最後の最後で出場権を獲得しました。

 実はアルゼンチンは、ウルグアイの首都モンテビデオでのアウェーゲームでは、1976年以来、勝っていなかったのですが、今回は33年ぶりの勝利で土壇場で決着をつけました。

 南米地区の最終順位は、

 1位:ブラジル 勝ち点34
 2位:チリ 33
 3位:パラグアイ 33
 4位:アルゼンチン 28
 5位:ウルグアイ 24
 6位:エクアドル 23
 7位:コロンビア 23
 8位:ベネズエラ 22
 9位:ボリビア 15
 10位:ペルー 13

 1位~4位までは、ワールドカップ出場権獲得。5位ウルグアイは北中米カリブ地区4位とのプレーオフに回ります。

 そして注目の北中米カリブ地区の最終順位は、

 1位:米国 勝ち点20
 2位:メキシコ 19
 3位:ホンジュラス 16(得失点差6)
 4位:コスタリカ 16(得失点差0)
 5位:エルサルバドル 8
 6位:トリニダード・トバゴ 6

 米国、メキシコ、ホンジュラスは出場が決定。クーデターでゴタゴタしているホンジュラスも無事出場できました。

 従って、プレーオフでウルグアイと対戦するのはコスタリカです。

 プレーオフは、ホームアンドアウェー形式で行われ、11月14日にコスタリカで、11月18日にウルグアイで対戦します。

 本大会出場10回、本大会優勝2回のウルグアイの優勢が伝えられていますが、コスタリカがホームの初戦で勝つと、ウルグアイにプレッシャーがかかって、決着はどうなるかわかりません。

■主な関連記事:

アルゼンチン出場ピンチ

 【↓ これでワールドカップがおもしろくなった!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(アルゼンチン)の記事

Posted by 永石公認会計士事務所 at 15:33│Comments(1)アルゼンチン
この記事へのコメント
 こんにちは、ペルーが最下位なのが残念です。ボリビアよりも下なんて考えられない・・・

 北中米では、アメリカが強いのですね。そういえば、アメリカはワールドカップの常連ですね。
Posted by Eric at 2009年10月17日 19:52
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。