プロフィール
永石公認会計士事務所
 2003年~2007年の4年間、米国アラスカから南米最南端まで19ヶ国を巡り、帰国後は日本で唯一の「南米がわかる公認会計士」として活動中。
アクセスカウンタ
オーナーへメッセージ
QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人
  このブログでは、ブラジルをはじめとする中米や南米の投資に役立つ情報を、皆様と同じ目線でできるだけわかりやすい言葉で執筆します。

2009年10月30日

ボベスパ指数、暴落後急反発



 ブラジルのサンパウロ証券取引所のボベスパ指数は、10月27日・28日の2日間で7.5%も暴落したが、29日には5.9%も回復しました。

 暴落の原因の一つは、2%の金融税(IOF)の導入により、米ドルの流入が73%も減少したことと見られています。

 ボベスパ指数の今年の最高値は、10月19日の67,239ポイント。今年に入って60%も上昇していました。ボベスパ指数があまりにも良すぎたため、バブルを懸念したブラジル政府が外資を規制する金融税を導入しました。

 その結果、最高値から見ると10.53%も下落。一応、バブルを冷やす効果はあったようです。

 しかし、急激に冷やしすぎると、その反動が怖いことは歴史が物語っています。

 サッカーワールドカップ、オリンピックに向けて、どのような経済の舵取りをするのか。ブラジルが将来的に持続的な発展をするのか否か、その岐路に立っているような気がします。

■主な関連記事:

ブラジルが2%の金融税

 【↓ 新興国は変動率が大きいので要注意!と思われる方はクリックを!】



同じカテゴリー(ブラジル)の記事
ボサノバライブ開催
ボサノバライブ開催(2010-10-17 23:02)


Posted by 永石公認会計士事務所 at 12:07│Comments(0)ブラジル
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。